「勝者は善人」ソヒョン(少女時代)に応援の声続く…俳優キム・ジョンヒョンの「時間」途中降板背景騒動で


韓国俳優キム・ジョンヒョン(31)がMBCドラマ「時間」の撮影当時、女優ソ・イェジ(31)の指示により相手役ソヒョン(少女時代/29)との愛情シーンをすべて拒否したという報道が流れる中、ソヒョンに向けた応援や激励の声が大きくなっている。

ソヒョンは2018年7月から2か月間放映された「時間」で、ドラマの中心を担うソル・ジヒョン役を好演した。彼女にとって同作品は、初のミニシリーズ主演作で、SMエンタテインメントを離れ独り立ちを宣言して初めて臨む作品であったため、格別な意味があった。

だが、「時間」は初回放送前から男性主人公チョン・スホ役のキム・ジョンヒョン(31)を取り巻く“雑音”に見舞われた。キム・ジョンヒョンが制作発表会のフォトタイムで腕を組もうとするソヒョンを避けたり、無表情を貫くなど無礼な態度で物議を醸したのだ。その後、キム・ジョンヒョンは摂食障害とパニック障害を理由に12話で途中降板することを決定した。

突然の台本変更と男性主人公の不在にもソヒョンは自身の役割以上をやり遂げた。また、毎週、個人のInstagramに現場で撮った写真を公開し、リアルタイム視聴を促した。終演インタビューでもキム・ジョンヒョンに配慮する姿を見せた。当時彼女はキム・ジョンヒョンが降板した状況を振り返り、「作品を終えるのも重要だが、俳優の前に人間だ。人間がさらに重要だと考えるし、充分に理解できた」と伝えた。また、「残った人たちで作品をきちんと終わらせなければとの思いになった」とし、「自分のキャラクターに集中した」と話していた。

(2ページに続く)

2021.04.13

blank