女優ク・ヘソン、「“その人”に見てほしくて」と意中の男性について発言…慎重な姿勢の理由とは?

ク・ヘソンの“意中の相手”発言は話題となった。しかしこれにプレッシャーを感じたク・ヘソンはSNSに「好きな人についてさまざまな推測が飛び交い、これからはメディアを通じてであれ、どこからでも質問を受けない計画で、答えもしない計画。心配と応援を本当に感謝し、とにかく幸せになってみせる」と明らかにした。

これをめぐりさらにさまざまな推測が飛び交った。友達以上恋人未満の微妙な関係が終わった、という反応などが飛び交いながら関心がさらに高まった状況。

これについてク・ヘソンは展示会の記者懇談会を通じて慎重に口を開いた。彼女は「(SNSにその文を掲載した理由は意中の相手に)見てほしくてそう掲載したもの」だとし、「とにかく大事に思う気持ちがあるために気をつけているとうことを知らせたかった」と照れくさそうに笑みを浮かべた。

一方、ク・ヘソンの展示会「ソ・テジのlyricsの下で。ク・ヘソンのnewage」は今月28日までソウル・ソチョ区にある「芸術の殿堂・ハンガラム美術館」の第7展示場で開催される。「ソ・テジのlyricsの下で。ク・ヘソンのnewage」は「必勝(Must Triumph)」や「悲録(A sadness record)」などロックミュージシャンのソ・テジの音楽17曲をオマージュし、ク・ヘソンの繊細化やニューエイジ音楽を融合したコラージュ展示。

WOW!Korea提供

2021.03.23

blank