VライブとWevereが統合…Big Hit、ネイバーとのコラボでプラットフォーム強化


Big Hitエンターテインメント(以下、「Big Hit」)がネイバーとのコラボレーションにより、ファンのコミュニティプラットフォームを強化する。

Big Hitは27日、理事会を開き、ネイバーが、Big Hitの子会社beNXに第三者割当増資で約3548億ウォン(約320億円)を投資し、子会社beNXがネイバーのVライブ部門を吸い上げる案件を決議して公示した。beNXの社名を「WEVERSE COMPANY Inc.」に変更する案件も決議した。

子会社beNXを介してVライブ部門を譲り受けるBig Hitは、ネイバーと協力して、WeverseとVライブのユーザー、コンテンツ、サービスなどを統合した新たなグローバルファンコミュニティプラットフォームを作成する予定だ。エンターテイメント市場での長い期間の経験とノウハウを積み重ねてきたBig Hitが最大株主として事業を主導し、ネイバーは技術力に力を注いで両社のシナジーを極大化するという戦略だ。

ネイバーはVライブ部門の譲渡資金でbeNXの株式を追加取得し、beNXの2大株主になる予定。また、Big Hit・beNXとの協力を通じて、ファンコミュニティプラットフォーム領域でグローバルリーダーシップを継続的に持っていくことができるよう、相互に協力する計画だ。

ネイバーは「グローバル市場での影響力を拡大するためには、国内のプラットフォーム間の競争を超えて、相乗効果を出すことができる、競争力のあるプラットフォーム間の緊密なコラボレーションが必要だ」とし、「グローバルで競争力のあるK-技術にK-コンテンツを加えて、グローバルエンターテイメント市場で独歩的なプレーヤーになる」と期待を示した。

Big Hitは「2019年ローンチ以来、Weverseは爆発的に成長し、グローバル音楽市場でファンコミュニティプラットフォームの必要性と影響力を確認している」とし「ネイバーとの全面的なコラボレーションを契機に、WeverseとVライブの相乗効果に大きな期待を持っており、これをベースに、さらに進化したファンコミュニティプラットフォームとして、グローバル市場で独歩的位置に上がる」と明らかにした。

WOW!Korea提供

 

Big Hit、YG PLUSに700億ウォン投資…パートナーシップ構築

・NAVER、ミレアセット、CJ ENM BTS所属事務所「Big Hit 」と血盟を結ぶか…株式交換の風吹く

・Big HitとBTS(防弾少年団)、香りグッズアイテム発売…BTSの代表曲9曲を香りで表現

・BTS、SEVENTEENらBig Hitレーベルズ、GAONチャート2020アルバムチャート圧倒…トップ100に22のアルバムチャートイン

2021.01.28

blank