パク・ボゴム、眼差しひとつで十分。軍空白期を感じさせない感動の熱演「青春の記録」

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

「青春の記録」でパク・ボゴムが、密度の高い感性的な演技で視聴者を切なくしている。
26日に放送された15話では、別れの瞬間を迎えるパク・ボゴム(サ・ヘジュン役)の姿が描かれた。お互いのために別れを選んだバク・ソダム(アン・ジョンハ役)の別れの宣告で複雑な感情に包まれた彼は、目を赤くするだけで口を開くことができなかった。混乱しながらも相手をつかまえることができない悲痛な心境を表現した彼の目つきは、見る人の胸を痛めた。

家に帰ってきた彼は、ベッドに横になって空虚な眼差しで疲れた心を表現した。愛はもちろん、仕事においてもずっと物議となるなど心穏やかでない厳しい状況の中で、ひとり悲しみに沈んだ。いくつかの状況が苦しく流れても感情を吐き出さずに自ら耐える彼の姿は、苦しいが守るべきのものは守りたいという深い信念を垣間見た。パク・ボゴムは、これら内面の複雑な感情を凄然な目つきで描き出しながら視聴者を完全に引き込んだ。

(2ページに続く)

・パク・ボゴム&ビョン・ウソク&クォン・スヒョン、ビジュアルはすでに青春映画…素敵なケミ爆発

・コン・ユ、軍服務中のパク・ボゴムについて語る…“アドバイスが必要ない人。自ら進んでうまくやる”

・コン・ユ、「徐福」の撮影について語る… “パク・ボゴムとの演技、撮影が楽しかった”

・<トレンドブログ>女優ハ・ヒラ、「青春の記録」の家族たちにあいさつ“パク・ボゴム様(健康な姿で会いましょう~)”

2020.10.27

blank