「インタビュー」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」 チャン・ギヨン オフィシャルインタビュー

完璧なルックスと、女性の心をくすぐるセリフで、新たな演技を披露した若手次世代俳優チャン・ギヨンのオフィシャルインタビューが到着!

Q. 「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」で女性視聴者のハートを鷲掴みにしたチャン・ギヨンさんですが、簡単にドラマの紹介と演じたキャラクターの紹介をお願いします。

チャン・ギヨン:このドラマは大手ポータルサイトで働く女性たちとのリアルなロマンスが描かれています。僕が演じたパク・モゴンは、音楽監督でもあり、「ミルリム・サウンド」というゲーム音楽会社の社長でもあります。主人公のペ・タミ(イム・スジョン)に対しては、愛情表現が積極的で、かわいくて愛らしい人物です。

Q. ポータルサイトの会社が舞台ということもあり、一般の方々には新鮮な部分もありました。このドラマへの出演を決めた大きな理由は何でしたか?

チャン・ギヨン:このドラマのテーマ自体がすごく新鮮に感じました。一番重要だったのは、台本が面白かったことです。それにパク・モゴンというキャラクターを演じるのは、僕にとっては挑戦の意味がありました。カメラの前で、僕自身が本当に泣くように泣いてみたり、僕の素の話し方で話してみたり…、チャン・ギヨンらしさをありのままに自由に表現したらどんな感じになるだろう、という気持ちもありました。それに、俳優として挑戦するという課題の意味もありました。だから、やってみたいという気持ちが強くなり出演を決めました。

Q. パク・モゴンはたくさんの視聴者に愛されたキャラクターでした。ギヨンさんご本人が考えるモゴンの魅力はどこだと思いますか?

チャン・ギヨン:恋愛に対してとても積極的なキャラクターですよね。自分の感情に正直な人間なので、胸に秘めてしまうよりも「自分の気持ちはこうなんだ」「お前のことが好きなんだ」と正直に話すところが彼の魅力だと思いました。それに僕は慶尚道の蔚山(ウルサン)出身の男なので…、最初は正直ちょっとモゴンにそれほど親近感を感じなかったんです。でも現場で監督とイム・スジョン先輩がすごく助けてくれたおかげで、徐々にモゴンに慣れてきてリラックスしながら演じられた気がします。お二人のおかげで、最後まで演じきれたと思います。

Q. これまで数々のラブコメ作品に出演されてきたギヨンさんですが、本作ほど女性の心を捉えた作品はなかった気がします。モゴンを演じるとき慣れない部分もあったとのことですが、実際には似ている面もあったのではないかと思います。リラックスした気持ちで演じられた部分、演じるのが難しかった部分を教えてください。

チャン・ギヨン:日常生活の素のままの自分のように見せたいと思いました。笑うときも本当の自分が笑うように、話すときも飾らずに普段の自分のように話そうとしました。その点にフォーカスを合わせて演じようとしたので、最初はモゴンの性格が自分とは違うので慣れないなと感じた部分はありましたが、できるだけ素の自分を出そうと努力しました。
難しかった部分は愛情表現をするときに、モゴンは積極的かつ正直なキャラクターなので…、そこで悩むことは多かったです。元々の自分は少し無愛想ですし、表現が豊かなほうではない性格なので最初は悩みました。でも現場で監督とたくさん対話をしながらアドバイスをいただきましたし、イム・スジョン先輩にもいろんなことを質問しました。現場では、僕は“赤ちゃん”でした(笑)。頼ってばかりで、たくさんの方々に助けてもらいました。監督とイム・スジョン先輩がいなかったら、本当につらかったと思います。でも皆さんのおかげで無事に撮影を終えることができて幸せな気分です。
本作のようなロマンス的な“ジャンルもの”は初めてでしたし、僕にとっては挑戦だったので、第1話から最終話までを思い返すと、「恋愛ワードを入力してください~」はこれまでの作品とは違う意味で記憶に残る作品になりそうです。

(2ページに続く)

  • 俳優チャン・ギヨン、横顔だけでもマンチンナム…シャープなフェイスラインに感嘆
  • チャン・ギヨン、 イケメンさ限度超過のタキシード姿
  • 俳優チャン・ギヨン、誕生日祝いのケーキにニッコリ^^
  • 【グラビア】俳優チャン・ギヨン、目が離せない彫刻ビジュアル
  • 2020.10.27

    blank