イ・ジュンギ&ムン・チェウォンら、「悪の花」最終回について語る…“意味ある結末と深い余韻を楽しむことができるだろう”

tvN水木ドラマ「悪の花」の主役たちが、最終回を前に直接視聴ポイントを明らかにした。
「悪の花」で忘れられない名演を繰り広げているイ・ジュンギ(ド・ヒョンス役)、ムン・チェウォン(チャ・ジウォン役)、チャン・ヒジン(ド・ヘス役)、ソ・ヒョヌ(キム・ムジン役)が、23日(水)に放送される最終回を待つファンのために愛情を込めて直接メッセージを送った。

まずド・ヒョンス役のイ・ジュンギは、前回の放送でド・ヒョンスがチャ・ジウォンを守るために代わりにペク・ヒソンに撃たれて倒れるというエンディングについて語り、「15話のエンディングに多くの方々が驚き、最終的な結末に対する関心が大きくなったと思う」と話し始めた。
続いて「スポイラーになるので多く話をすることはできませんが、最後の回でもやはりキャラクターの感情と話の流れに自然にしたがっていただければいいでしょう。新しい状況の中で、ヒョンスやジウォンの感情の変化を感じると、意味ある結末と深い余韻を楽しむことができる」と伝えた。

次はジウォン役を引き受けたムン・チェウォンも「楽しさと緊張感など『悪の花』だけの魅力が最終回でも如実に現れると思う。一瞬たりとも目を離すことができない展開と人物の感情に集中して見ると、これまでよりも大きな楽しみと緊張感、そして重みのある余韻まで感じることができると思う。最後まで本放送視聴をお願いする」と話した。まだ解決されていない「ヨンジュ市連続殺人事件」と、これに関連した夫ド・ヒョンスの危機の中で、チャ・ジウォンがどんな感情に向き合うようになるかが関心を刺激している。

(2ページに続く

・イ・ジュンギ&ムン・チェウォンの結婚式写真初公開…幸せに満ちた初々しい笑顔「悪の花」

・俳優イ・ジュンギ、「悪の花」撮影終了“私の俳優本当に大好きと叫んでくれるファンたちのおかげで幸せ”

・イ・ジュンギ、ドラマ「悪の花」最終回を前に感謝のあいさつ…”大きな愛に感謝。最後まで一緒に”

・イ・ジュンギ×ムン・チェウォン主演「悪の花」、視聴率最高6.2%獲得…自己最高記録を更新

2020.09.22

blank