「バラコラ」「I-LAND」、デビューメンバー発表はドンデン返しの連続! 1位ヤン・ジョンウォン、日本人ニキは4位

9月18日(金)に生放送された、デビューメンバー決定の「I-LAND」(Mnet、tvN)最終話(第12話)は“ドンデン返し”の連続だった。

ファイナルテストに進出した9人のうち、グローバル視聴者投票により6人、プロデューサー選択で1人の計7人がデビューメンバーとなるため、これまでの流れを考えると、番組ファンならある程度は予想できたと思うが、最後の最後に来て、こんなに大きな順位変動が起こるとは誰が予想できただろうか。

番組のストーリーテラーを務める俳優ナムグン・ミンでさえ、進行の際、何度かコメントを噛んでしまうなど緊張感あふれるスタジオに、前回の「コンセプトテスト」のランキング順にケイ、ニキ、ソヌ、イ・ヒスン、パク・ソンフン、ジェイ、ジェイク、ダニエル、ヤン・ジョンウォンが登場。

 

総括プロデューサーのパン・シヒョク代表をはじめとするプロデューサー、ディレクター陣はもちろん、観覧席には「I-LAND」に参加した志願者たち、さらには「BTS(防弾少年団)」、「TOMORROW X TOGETHER」まで応援に駆け付け、新グループの誕生を見守った。

オープニングで「I&credible」をパフォーマンスし、「ファイナルテスト」として、“孵化”をテーマにした新曲「Calling(Run To You)」を披露した9人。さらに、これまで一緒に汗を流してきた志願者たちと共に総勢22人でシグナルソング「Into the I-LAND」まで、全ての力を出し切った。

デビューメンバーたちのグループ名は、「ENHYPEN(エンハイフン)」。異なる語をつなげ、新しい意味を作るハイフンのように、“連結”を通じて、お互いを“発見”し、共に“成長”するという意味が込められているという。

そんな「ENHYPEN」のメンバーとして、グローバルに活動していくのは誰なのか。番組冒頭で発表されたグローバル視聴者投票の中間集計では、米国1位はジェイ、インドネシア1位はジェイク、エジプト1位はケイ、中国1位はパク・ソンフン、韓国1位はヤン・ジョンウォンだった。ここで注目すべきは韓国の順位。これまでグローバル視聴者投票では圧倒的強さを誇り、常に1位だったキム・ソヌが韓国でも1位だったが、ヤン・ジョンウォンに変わっていた。この時点で、すでに異変は起きていたのだ。

いよいよ運命のデビューメンバー発表式。これまでは、1位から淡々と発表されていくスタイルだったが、5位からの発表。しかも、Mnetのオーディション番組「PRODUCE」シリーズのように、名前を発表するまでの“タメ”があり、ドキドキ感を誘った。

5位から波乱の幕開けだった。5位は「BTSテスト」で「FAKE LOVE」チームだったとし、キム・ソヌ、イ・ヒスン、パク・ソンフンが候補に挙がった。キム・ソヌとイ・ヒスンは常に上位圏内にいたので、前回も5位だったパク・ソンフンの名前が呼ばれるかと思いきや、いきなりイ・ヒスンの名前が呼ばれたのだ。「I-LAND」の“絶対エース”がまさか5位でフィニッシュするとは。目の離せない展開となった。

4位は「BTSテスト」で「DNA」チームだったとし、ケイ、ニキ、ジェイが候補に挙がったが、名前を呼ばれたのはニキ。本人が一番ビックリし、両目からは涙が。前回のプロデューサー評価では2位になったものの、Part.2に入ってからはずっと下位順位でくすぶり、不安を口にしていたので、この順位はかなり嬉しかっただろう。そして、ニキといえばシグナルソング「Into the I-LAND」でセンターを務めた主人公。「PRODUCE」シリーズで、シグナルソングの初代センターを務めた練習生は、必ずデビューメンバーに選ばれるというジンクスがあるが、その法則は健在だった。

3位は「BTSテスト」で「I NEED U」チームだったとし、候補に挙がったのがジェイク、ダニエル、ヤン・ジョンウォン。前回のプロデューサー評価で7位、8位、9位と下位メンバーだったので、この時点でも驚きだったが、名前を呼ばれたのはPart.2に入ってから、ずっと7位をキープしていたジェイクだった。「I-LAND」で最も急成長したと言われるメンバーだが、最後にきっちり結果で見せた。

2位は「ケミテスト」で「Dive into You」チームだったキム・ソヌ、ジェイ、ダニエルが候補に。序盤は個性が強く、闘志むき出しで、I-LANDERとの衝突もあったが、タキが脱落した2回目のグローバル視聴者投票では、自分が脱落すると思い込み、発表前に皆に別れの手紙を書いて渡す情の厚さや、“黒歴史”でイジられるキュートなヘタレぶりなど、さまざまな顔を見せてきたジェイが選ばれた。

(2ページに続く)

  • 「バラコラ」「I-LAND」、“シグナルソング”の初代センターは日本人練習生のニキ! 最初のテストは厳しい結果に
  • 「バラコラ」「I-LAND」、「SEVENTEEN」登場でI-LANDERとコラボダンスも! グローバル視聴者投票で2人目の脱落となったのは?
  • 「バラコラ」「I-LAND」、ついに日本人練習生ケイ&ニキがワンツーフィニッシュ! 次回生放送ファイナルに「BTS(防弾少年団)」&「TXT」登場!
  • 「バラコラ」Rain(ピ)、ついに「HIDDEN SINGER 6」に登場! 「GANG」の生パフォーマンスに「GOT7」&「MONSTA X」も大熱狂!
  • 2020.09.19

    blank