「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.130 「粛宗が亡くなって300年」

張禧嬪の運命

1694年3月、一部の官僚が告発書を出した。それは「張禧嬪の兄の張希載(チャン・ヒジェ)が淑嬪・崔氏の毒殺をはかった」という内容だった。
王宮が騒然となった。
粛宗はすぐに決断した。張禧嬪が毒殺未遂事件に関わっていると考え、張禧嬪を側室に降格させたである。
それだけではない。空いた王妃の座に仁顕王后を復位させた。

一度廃妃になった女性が再び王妃になるというのは前代未聞のことだった。
こうして仁顕王后は再び王妃になったが、粛宗の子供を産むことができなかった。その代わり、淑嬪・崔氏が粛宗の王子を産んだ。その王子が後の21代王の英祖(ヨンジョ)である。
それから7年後の1701年、仁顕王后が世を去った。そのとき、張禧嬪が仁顕王后を呪い殺すための呪詛を行なっていた、という疑惑で、死罪となった。
仁顕王后、張禧嬪、淑嬪・崔氏……。粛宗の女性遍歴は王朝を揺るがす重大事件に発展することが多かった。そんなトラブルばかり起こしていた粛宗は、1720年に世を去った。それは、300年前のことだった。

文=康熙奉(カン・ヒボン)

 

  • 「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.129「まさに傑作『マイ・ディア・ミスター』」
  • 「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.128「BTSの兵役問題」
  • 「コラム」康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.127「パク・ボゴムの入隊」
  • 「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.126「不動の人気を誇るハ・ジウォン」
  • 2020.09.19

    blank