≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」7話、ジスとイム・スヒャンが思い出の済州島で過ごす

≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」7話、ジスとイム・スヒャンが思い出の済州島で過ごす

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

10日に放送されたMBCドラマ「私がいちばんキレイだった時」7話では、ファン(ジス)とイェジ(イム・スヒャン)が思い出の場所となるチェジュ(済州)島で過ごす様子が描かれた。

二人は一緒にショッピングをしたり、射撃ゲームやドライブをしながら毎日を過ごした。ファンは「もうあきらめて。意味なく自分を責めないで。それでもいいんだ。誰も何も言わないよ、言えるわけがない」とイェジを心配した。戻ってくる当てのない夫を待ちながら悲しんでいる彼女をかわいそうに思う気持ちでいっぱいになり、口づけしようとした。

爆発したイェジは「おかしいんじゃないの?私を甘く見ているの?家を出たからって、好きなように扱ってもいいと思っているの?」と怒った。ファンは「いつまでそうやって生きていくつもりなんだ。来ない人を待ちながら、やせ細っていくのはもうやめてくれ。一緒に行こう。違うところに行こう」と手を差し出したが、イェジの答えは「義姉さんと呼びなさい」という一言だけだった。イェジは唯一で最後の安息地が消えたという喪失感に、こらえていた涙があふれた。

 

WOW!korea提供

  • ≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」6話、イム・スヒャンが母キム・ミギョンと再会
  • ≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」5話、ジスが兄嫁イム・スヒャンに深い愛
  • ≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」4話、イム・スヒャンをめぐるハ・ソクジンとジスの争いも終了か
  • ≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」3話、ジスとハ・ソクジンがイム・スヒャンをめぐって火花を散らす
  • 2020.09.11

    blank