チョン・ソグォン、ハン・ジソンからカン・ジファン、KBS出演停止...キム・ホジュンはNO


麻薬、性暴行などの犯罪を犯した芸能人が、KBSに出演できなくなった。 不法賭博を認めたキム・ホジュンは出演停止と関連して言及されなかったと知らされた。

5日、あるメディアは俳優チョン・ソグォン、カン・ソンウク、ハン・ジソン、キム・ビョンオクなどが、8月KBSから出演停止処分を受けたし、カン・ジファンとハ・イルンは一時的放送出演停止処分を受けたと報道した。

放送出演停止処分を受けた芸能人は、事案によって裁判所の確定判決を受けた。 チョン・ソグォンは2018年2月、オーストラリアでヒロポンとコカインなどを投与した容疑で懲役10ヶ月と執行猶予2年を宣告された。 カン・ソンウクは7月、大法院上告審を通じて性暴行容疑で懲役2年6ヶ月の実刑を宣告された。

ハン・ジソンも2018年、タクシー運転手と警察官を暴行した容疑で裁判所から罰金500万ウォンと執行猶予1年の刑を宣告された。 キム・ビョンオクは昨年2月、飲酒運転が摘発されて罰金200万円の刑を宣告されたことがある。

カン・ジファンは現在、性暴行などの容疑で大法院で争っている。 カン・ジファンは昨年12月、懲役2年6ヶ月執行猶予3年と宣告された。 ハ・イルンは昨年、ヒロポンを投薬した容疑で懲役1年執行猶予2年を宣告された。

歌手のキム・ホジュンは不法賭博の容疑を認めたが、「不朽の名曲」だけで出演分がカットされたが、放送出演停止と関連した審議は受けなかったと分かった。

KBSは放送出演規制審査委員会の審査を通じて、放送規制審議対象を定めている。 麻薬、暴行とセックススキャンダル、裁判中である場合などを放送出演規制対象に決めている。

 

  • 麻薬投薬容疑の俳優チョン・ソグォン、控訴審でも執行猶予2年
  • 麻薬投薬容疑の俳優チョン・ソグォン、控訴審で善処を訴える
  • 「性的暴行疑い」俳優カン・ジファン、今日(14日)控訴審初裁判
  • 【公式】“性的暴行の容疑”カン・ジファン、来月14日に控訴審の初裁判
  • 2020.09.05

    blank