女優ク・ヘソン、「富川国際アニメーション映画祭」審査委員に選定

韓国女優兼監督のク・ヘソンがアカデミー公式指定国際映画祭、「第22回富川国際アニメーション映画祭」(以下、BIAF2020)に長編コンペティション審査委員として参加することがわかった。

ク・ヘソンは女優だけでなく、監督やシナリオ作家として活発に活動してきた。2008年初の短編映画「愉快なお手伝い」をお披露目し、絶えず自分ならではの作品世界を築き上げ、3編の長編映画と5編の短編映画を演出した。

イラストフィクション「桃の木」をはじめとする作品を通じて、作家としても活動し、最近はエッセイ「私はあなたのペット」を出版した。画家としてはことし5月「航海‐もう一度」の展示会を開いたりもした。一方、ミュージシャンとして直接作詞・作曲を務めた多数のアルバムを発表し、来る9月2日にはピアノニューエイジアルバム「息3」の発売を控えている。

(2ページに続く)

・<トレンドブログ>ク・ヘソン、Bカットでこの美しさ⁉純情漫画から出てきたビジュアル

・<KBS World>ク・ヘソン&アン・ジェヒョン主演「ディア・ブラッド~私の守護天使」ヴァンパイア医師が愛に目覚めるファンタジー・メディカルラブストーリー

・ク・ヘソン、グラビアで破局後の心境を明かす「結婚はファンタジー、離婚は現実を悟ること」

・俳優アン・ジェヒョン、愛猫と共に眠る日常…先月にク・ヘソンと離婚成立

2020.09.01

blank