イム・ジョンヒ、「不朽の名曲2」で作詞家キム・イナ特集で圧巻の優勝…ヒットメーカーらしい名曲揃いの競演

女性ソロ歌手イム・ジョンヒが作詞家キム・イナ特集のトロフィーを獲得した。

8日午後に韓国では放送されたKBS 2TV音楽バラエティ番組「不朽の名曲2-伝説を歌う」は、作詞家のキム・イナ特集で進行され、男性ソロ歌手のTei、イム・ジョンヒ、「2F(イフ、『4Men』出身のシン・ヨンジェ&キム・ウォンジュ」、イム・ハンビョル(元Monday Kiz)&ハ・ソンウン(HOTSHOT)、トロット歌手のチョ・ジョンミン、ガールズグループ「IZ*ONE」が出演した。

同日、Teiがトップバッターのステージを彩った。Teiはキム・イナに対して「多彩だ。一つの色に限らずジャンル別、アーティスト別のコンセプトをうまく合わせる作詞家というのが大きな魅力だ」と述べた。彼は「J & Howl」の「Perhaps love」を選曲した。ミュージカルで共演した子役俳優ペク・ゴヌとともにデュエットステージを披露し、男女間の愛ではなく親子の愛として楽曲を再解釈した。

イム・ハンビョル&ハ・ソンウンが後に続いた。最近アルバム作業をともに行い2人は親しくなったという。イ・ソニの「Meet him among them」を選択した。ハ・ソンウンは「祖母が亡くなった後に祖父が1人でいらっしゃるので、それでもっと心に響く楽曲だ」と選曲の理由を明かした。判定団(審査員)の投票結果、Teiが1勝を獲得した。

3番目に乗り出した「2F」はパク・ヒョシンの「Breath」を選択した。キム・ウォンジュが「キム・イナさんの歌詞は含蓄のある表現が多いので、また楽曲を聞いて思いを巡らすの魅力がある」と述べた。シン・ヨンジェは「Breath」に対して「活動のブランク時に歌詞を通じて慰められた。それでこの楽曲を選択することにした」と明らかにした。

番組MCのキム・テウ(god)は「軍隊でどれだけ歌を歌いたかったのかが感じられる」と述べた。ハ・ソンウンは「全力で歌う姿がカッコよく、僕もあんな風に歌いたい」と述べた。「IZ*ONE」のキム・ミンジュは「練習生の時を思い出して涙が出そうだった」と感動を伝えた。

(2ページに続く)

・SE7EN「不朽の名曲」優勝トロフィー認証…“より良い舞台でお訪ねします”

・SE7EN、「不朽の名曲2」で最終優勝を獲得…歌謡界を席巻したレジェンドたちを抑え情熱あるパフォーマンス

・YouTube K-POPスターのヨヨミ(YOYOMI)、「不朽の名曲」王中王戦で大先輩の曲を熱唱

歌手チョン・ドンハ、「不朽の名曲」出演決定 ”最多優勝者”の帰還

2020.08.08

blank