BTS(防弾少年団)所属事務所Big Hit、予備審査通過で年内上場へ

世界的なボーイズグループBTS(防弾少年団)の所属事務所、Big Hitエンターテインメントが株式上場のための予備審査で適格と判定されたと、韓国取引所が7日明らかにした。これを受け、同社は年内に上場する見通しとなった。

SK証券のアナリストは「市場流動性が高い今年のうちに上場する方が有利」とし、「Big Hitも(今年)下半期の上場を目標にしているとされる」と話した。

Big Hitエンターテインメントは2005年に設立され、BTSのほか歌手イ・ヒョン、ボーイズグループのTOMORROW×TOGETHER(TXT)、が所属している。

昨年の連結営業利益は987億ウォン(約88億円)で、韓国の芸能事務所大手3社のSMエンタテインメント(404億ウォン)、JYPエンターテインメント(453億ウォン)、YGエンターテインメント(20億ウォン)の営業利益の合計を上回った。売上高は5872億ウォン、当期純利益は724億ウォンを記録した。

 

  • BTS所属事務所、Big Hitエンタ上場予備審査期限切れ、追加資料要求”
  • BTS、SEVENTEENらBig Hitレーベル、GAONチャート上半期アルバム販売量で圧倒。トップ100に22のアルバムチャートイン
  • 「SEVENTEEN」に続いて「GFRIEND」も「音楽中心」に出演不発…MBCとBig Hitエンタの葛藤継続
  • Big Hit&BTS(防弾少年団)の"グローバル成功"、ハーバードMBAも注目「驚くべき偉業」
  • 2020.08.07

    blank