BTS所属事務所、Big Hitエンタ上場予備審査期限切れ、追加資料要求"

今年下半期の企業公開(IPO)最大級と言われているBig Hitエンターテインメントの上場予備審査がやや時間がかかると予想される。Big Hitエンターテインメントは、世界的なボーイズグループBTS(防弾少年団)の所属事務所だ。

韓国取引所の関係者は30日、「Big Hitエンターテインメントに追加資料を要求した」とし「同日、予備審査の結果が出ることはない」と述べた。この関係者は「もう少し(資料を)検討した後、結論を下す」と説明した。

取引所は去る5月28日Big Hitの株券上場予備申請書を受理し、今日が審議の完了日である。取引所の上場規則22条には、上場予備審査請求受付基準で45日の取引日以内に上場関連の審議を完了するようになっている。ただ、判断が難しい審査企業の個別問題がある場合は、追加資料などを要請して関連内容を追加で検討する。

2005年2月4日に設立されたBig Hitエンターテイメントの主要事業は、音楽制作とマネジメントだ。パン・シヒョク代表取締役が株式45.1%を保有する筆頭株主だ。

昨年Big Hitの関連基準の売上高は、5872億ウォン、営業利益は987億ウォン、当期純利益は724億ウォンだった。韓国を代表するエンターテイメント社であるSMエンターテイメントの昨年の営業利益は404億ウォン、JYPエンターテイメントとYGエンターテイメントは、それぞれ435億ウォンと、20億ウォンだった。Big Hitの昨年の営業利益が、他の3大企画会社の昨年の営業利益を合わせたものよりも多かった。

Big Hit上場代表主幹社は、投資証券、韓国投資証券、JPモルガンである。未来アセットの処置は、共同主幹社として参加する。

  • BTS(防弾少年団)、8月16日にソウル九老区主催「ドライブ・イン・フェスティバル」でワールドツアーソウル公演上映
  • BTS(防弾少年団)”カバー妖精”ジョングク、甘い音色で「10,000 Hours」カバー、電撃公開にファン歓喜
  • 「BTS(防弾少年団)」、米「ビルボード200」22週連続上位圏…圧倒的なアルバムパワー
  • BTS(防弾少年団)、イタリアで専門の定期マガジン創刊
  • 2020.07.30

    blank