「コラム」康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.119「『梨泰院クラス』の母性喪失」

パク・ソジュン主演で、韓国でも日本でも大人気となった『梨泰院クラス』。本当に面白いドラマなので、語るべき話がたくさんあるのだが、今回は登場人物たちの母親や妻について触れてみたい。ドラマの中で、彼女たちの存在がとても薄いのである。

パク・セロイの母親は?

『梨泰院クラス』は、第1話で主人公パク・セロイの父親の話が克明に描かれている。ドラマの導入部を飾る大変重要なエピソードだ。
特に父親の役を大物俳優のソン・ヒョンジュが演じていた。名優だけに本当にいい演技だった。
このように父親の役は重要だったが、パク・セロイの母親はどうだったのだろうか。
実は、ドラマの中でまったく触れられていないのが気になる。

ただし、パク・セロイが子供のときの家族写真を父親が持っていたことをうかがわせる場面がチラッと出てくる。それだけしかないのだ。
果たして、母親は死別したのか。あるいは、離婚して家を出たのか。
しかし、離婚であればパク・セロイの父親が家族写真を持っていたことは不自然だ。死別と考えざるを得ない。
奇妙なことだが、パク・セロイが父親の墓参りに行くシーンが何度もあったが、母親の墓参りをする場面はない。このように、パク・セロイという主人公を描くうえで、母親の影は微塵もない。本来なら、息子は父親以上に母親を慕うものだが‥‥。

(2ページに続く)

  • 「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.118「ヒョンビンの生き方」
  • 「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.117「『愛の不時着』とヒョンビン」
  • 「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.116「日本で人気の『梨泰院クラス』」
  • 「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.115「パク・ボゴムは軍楽隊?」
  • 2020.07.04

    blank