「インタビュー①」パク・シネ、"違った姿を見せしたかった。変身へのプレッシャーがある"

女優パク・シネ(31)が、「キム・ユビンという人物は、私がこれまでしてきたキャラクターとは違う雰囲気だった」と話し始めた。
パク・シネは22日、ソウルのあるカフェで行われたインタビューで、「この映画にはアクションもあって、化粧気のない無表情な顔、ジュヌとは正反対のユビンのイメージを見て(出演を)考えるようになった」と明らかにした。

24日に韓国で公開される映画「#生きている」は、原因不明の症状を経験する人々が住民を攻撃するようになった中、ひとりアパートに孤立した人々が生存するために苦労する過程を描いたスリラーだ。
パク・シネは、「キム・ユビンは、これまで私がしてきたキャラクターとは違った。力強い態度で現実を克服しようとする人物を演じてきたが、ユビンはその逆だった」として、「情熱的でもなく、自分が直面している現実を素直に受け入れる人だ。ジュヌに会って変化するが、そんなユビンと私が会ったときにどうなるか知りたかった。力を完全に抜いて演じた」と述べた。

(2ページに続く)

パク・シネ、”変身に対するプレッシャーがないといえば嘘”

パク・シネ、”苦労を知ってくれたユ・アインの言葉が心に染みた”

ユ・アイン&パク・シネ主演「#生きている」、全体の前売り率1位に…夏の劇場街に突風予告

女優パク・シネ、軍服務中の恋人チェ・テジュンに言及 「交際は順調」

2020.06.24

blank