ユ・アイン&パク・シネ主演「#生きている」、全体の前売り率1位に…夏の劇場街に突風予告

映画「#生きている」が前売り率1位で大ヒットを予告している。
「#生きている」は、原因不明の症状の人が攻撃を開始して制御不能に陥った中、データ、ワイファイ、SMS、電話などすべてが切断されたままひとりアパートに孤立した人々の物語を描いた生存スリラーだ。

これまで見られなかった新鮮な生存スリラーとして熱い関心を集めている「#生きている」が、公開2日前である22日基準で、映画振興委員会統合コンピューター・ネットワーク前売り占有率39.2%を記録して全体前売り率で1位になった。これは、ディズニーのピクサー・アニメーション製作「2分の1の魔法」を抑えるなど、低迷した映画界に活力を吹き込むことを予告している。
試写会を通じて「#生きている」を観覧した観客は、両極端なキャラクターの特別な生存、斬新な生存過程、予測不可能な展開の中で共感できる物語が絶えない好評を続け、新型コロナ時代に新しい突風が期待されている。

  • ユ・アイン、”パク・シネは、譲歩するのではなく一緒に戦ってくれた偉大な俳優” 「#生きている」
  • パク・シネ、日用品が生存ツールに…”ピリッとした快感を覚えた”「#生きている」
  • パク・シネ、“ユ・アインと演技スタイル違って心配だった”「#生きている」
  • ユ・アイン、“「#生きている」でのパク・シネとのコンビは、とてもいい”
  • 2020.06.22

    blank