<韓国ドラマNOW>「花様年華−人生が花になる瞬間」9話、イ・ボヨンが百貨店崩落事故の遺族に

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ユ・ジテとイ・ボヨンが持つ過去の傷が明らかになり胸を痛ませた。

昨日(23日)放送されたtvN土日ドラマ「花様年華−人生が花になる瞬間」(脚本チョン・ヒヨン、演出ソン・ジョンヒョン、製作ポンファクトリー、スタジオドラゴン)第9話ではユ・ジテ(ハン・ジェヒョン役)が自分の感情がどこに向かっているかを悟り、イ・ボヨン(ユン・ジス役)と再び“花様年華”を迎えるために、近づいていく姿が描かれた。

ハン・ジェヒョンはお互いの気持ちを確認した2人の関係が変わることを願いながら、「今日から1日なのか?」と慎重に話し始めた。しかし、ユン・ジスは「私たち、石にぶつかるかも知れません」とし、彼らの前方を遮っている現実の壁にひどく悩んだ。

ユン・ジスの父ユン・ヒョング(チャン・グァン)とハン・ジェヒョンが再び会う場面も描かれた。かつて、彼らの仲に激しく反対して2人を危機に追い込んだユン・ヒョングだが認知症を患ったため、彼が全く分からない姿は視聴者たちに妙な気持ちを感じさせた。ハン・ジェヒョンとユン・ヒョングが過去の葛藤と痛みを後にして、お互いを許すことが出来るか複雑で微妙な関係にも視線が集中した。

一方、ハン・ジェヒョンの妻の父であるチャン会長(ムン・ソングン)はユン・ジスに直接会って話を交わした。チャン会長は「よく似ているね。ユン・ヒョング検事長の1人残った子、一番痛い指」と言い、過去のユン・ヒョングとの隠れた絆を物語って、驚きをもたらした。また、ユン・ジスの息子ヨンミン(コ・ウリム)に対する全面的支援を約束し、海外留学まで提案した。懐柔と警告を通じて2人の関係を分断しようとするチャン会長の本格的な介入が、尋常でない展開をもたらすことも予告した。

(2ページに続く)

・≪韓国ドラマNOW≫「花様年華−人生が花になる瞬間」8話、ユ・ジテとイ・ボヨンが聖堂で告白

・<韓国ドラマNOW>「花様年華−人生が花になる瞬間」7話、ユ・ジテとキム・ヨンフンが対面…「イ・ボヨンを連れて行く」

・≪韓国ドラマNOW≫「花様年華−人生が花になる瞬間」6話、イ・ボヨンがユ・ジテの為にキム・ヨンフンに復縁宣言

・<トレンドブログ>女優イ・ボヨンがマガジン「1st LOOK」に登場!自身の“花様年華は今”

2020.05.25

blank