イ・ミンホ&キム・ゴウン、“イ・ゴン&テウル”カップルの観戦ポイント公開…一緒に行こう!ときめきの世界へ「ザ・キング」

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 

 

 

SBS金土ドラマ「ザ・キング-永遠の君主」(以下、「ザ・キング」)はイ・ミンホとキム・ゴウンが第5、6話放送を前に甘くときめく“イウル(イ・ゴン&テウル)カップル”観戦ポイントを公開した。

放送された第4話では大韓帝国に行ったイ・ゴン(イ・ミンホ)が大韓民国に再び戻り、「一緒に行こう。 私の世界に」という言葉とともにチョン・テウル(キム・ゴウン)を大韓帝国に連れて行った状況だ。 「私の話が全て本当だろう?」「私は大韓帝国の皇帝で、呼んではいけないと付けた私の名前はイ・ゴンである」というィ・ゴンと、衝撃に包まれたチョン・テウルの姿がエンディングに盛り込まれ、今後のストーリーに対する好奇心を高めた。 これと関連して公開された予告編で明らかになった第5、6話で展開される“イウルカップル”3段感情の変化予測図を整理した。

◆感情第1段階 #信頼

「次元の門」を越えてイ・ゴンと共に大韓帝国へ来たチョン・テウルは、イ・ゴンを「陛下」と呼ぶ親衛隊と、大韓民国にいるチョ・ウンソプ(ウ・ドファン)がまったく同じ顔のチョ・ヨン(ウ・ドファン)を目撃して、混乱に陥った。

特に公開された予告ではイ・ゴンがチョン・テウルに向かって「私の宮殿に来たことを歓迎する」とし、大韓民国とは異なり、皇帝らしいカリスマと威厳を示して視線を集中させる。大韓帝国皇帝だと自分を紹介していたイ・ゴンの言葉が真実であることが明るみに出た中で、イ・ゴンを信じなかったチョン・テウルがイ・ゴンに対してどのような考えを抱くようになるか、お互いに対する「信頼」の行方に関心が高まる。

 

(2ページに続く)

  • イ・ミンホ、「ザ・キング」の撮影ビハインド公開…努力と情熱で完成させた皇帝の品格
  • 「ダビチ」&ハ・ソンウン、ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」OSTに参加
  • イ・ミンホ&キム・ゴウン、額を合わせたキスツーショット公開…くすぐったい春の夜のロマンス「ザ・キング」
  • イ・ミンホ、深いまなざしで熱演…最強のロマンス演技「ザ・キング」
  • 2020.05.01

    blank