「インタビュー」キム・テヒ、ドラマ「ハイバイ、ママ! 」を振り返り「入棺体験をしたように人生の価値を悟った」

最近放送が終了したtvNドラマ「ハイバイ、ママ!」(脚本:クォン・ヘス、演出:ユ・ジェウォン)は女優キム・テヒの新しい姿を確認することができた作品だった。キム・テヒの5年ぶりのお茶の間復帰作でもあるが、“母親キム・テヒ”の姿を盛り込んだ作品でもあるからだ。実際2人の子どもの母親でもあるキム・テヒは「ハイバイ、ママ!」を通じて役者としての新しい一歩を踏み出すことができた。

「ハイバイ、ママ!」は事故により家族の元を離れることになったチャ・ユリ(キム・テヒ)が死別の痛みを乗り越え、新しい人生を始めた夫チョ・ガンファ(イ・ギュヒョン)と娘の前に再び現れることで巻き起こる“ゴーストママ”の49日のリアルな転生ストーリーを描いたドラマだ。キム・テヒは劇中“5年目の母親のお化け”チャ・ユリ役を務め熱演を繰り広げた。娘のチョ・ソウ(ソ・ウジン)への切ない母性の演技は、特に多くの共感を導き出し好評を得た。

「ハイバイ、ママ!」の放送終了後、最近行われた書面インタビューでキム・テヒは「まるで美しい童話のような1本の長い夢を見てきたようだった」と口火を切った。

(2ページに続く)

・Rain(ピ)、個人チャンネルをオープン=妻キム・テヒも登場するか注目

・女優キム・テヒ、新型コロナ対応する医療スタッフを応援…感謝と尊敬の心伝える

・“キム・テヒの娘”子役ソ・ウジン、「ハイバイ、ママ! 」撮影終了後ショートにバッサリ…男の中の男に変身

・<トレンドブログ>歌手パク・ジェジョン、キム・テヒ主演ドラマ「ハイバイ、ママ!」のOSTを歌う!

2020.04.30

blank