<トレンドブログ>「GOT7」ジニョン、ドラマ「花様年華」で初々しい初恋演じる

「GOT7」のジニョンが、ドラマ「花様年華」で、90年代の大学生を完璧に演じ、初々しい初恋の記憶を召還しました。

ジニョンは、韓国で25日にスタートしたtvNの新土日ドラマ「花様年華-人生が花になる瞬間」を通じてドラマに帰ってきました。

韓国で昨年4月に放送終了したドラマ「サイコメトリーあいつ(原題)」以後、1年ぶりのドラマ出演だ。 ユ・ジテとともに“ハン・ジェヒョン”役にキャスティングされ、2人1役で熱演を広げます。

冷徹な事業家である現在のハン・ジェヒョンと違い、ジニョンが描く過去のハン・ジェヒョンは弱者と民主主義のために戦う法大生です。 表面は無愛想に見えるが、総学生会社会部長を引き受けるほど胸の中に熱い情熱を抱いて生きる人物。

ジニョンは放送前に「時代的状況を理解するのが難しかった。 実際に体験してみることができなかった時代を描き出すのが容易ではなかった」と、話したことがあります。

街頭闘争を控えた出征式シーンでは、悲壮なまなざしと力強い声で演説をして、当時学生たちが抱いていた正義に向かった渇望を表現しました。 反面、チョン・ソニ(ユン・ジス役)と共にする時は、少しずつ相手が気になって心の片隅にむずむずした何があるような、愛が芽生える瞬間を描き出しました。

デモ現場でジニョンを初めて見たチョン・ソニは、彼に一目惚れし、映画「Love Letter」のビデオテープを受け取りに出かけた場で再び運命のように出会います。 これをきっかけにチョン・ソニは積極的にジニョンに近付いたが、彼は相変らず冷たい気運を吹きだして視線を一度も与えませんでした。

でも、「私は死んでも先輩とつきあう」というチョン・ソニの大胆な告白にそっと微笑みを浮かべて、氷のようだった心が溶け始めたことに気づきます。

一方、25日に放送された第1話では、各自の人生を生きていったユ・ジテとイ・ボヨン(現在のユン・ジス役)が再会するシーンが電波に乗った。 2つの目には深い懐かしさが含まれていて、果たして彼らが過去にどんな愛をして別れたのか、好奇心を刺激した。 これと共にジニョンが描いて行く90年代の2人の男女の花様年華はどんな姿なのか関心が集まっています。

 

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2020.04.26

blank