「インタビュー」「かくれんぼ」ソン・チャンウィ オフィシャルインタビュー

Q.本作で演技されたキャラクターについて紹介をお願いします。
ソン・チャンウィ:「かくれんぼ」でチャ・ウニョクを演じたソン・チャンウィです。ウニョクという人物は恵まれない家庭に生まれた人物です。彼はつらく苦しい環境で育ち、そこから抜け出せず翻弄されながら生きていましたが、愛を知ってからは人生を取り戻そうと抗います。

Q.ウニョクと自身を比較して似ている部分や異なる部分について教えてください。
ソン・チャンウィ:ウニョクの性格には、演じている僕の性格が反映されている部分もあ りますがウニョクは口数が少ないです。僕も口数が多くはないので、そこが似ていると思います。

Q.この作品のどのようなところに惹かれて出演を決めたのですか?
ソン・チャンウィ:チャ・ウニョクという人物に魅力を感じました。今までに演じたことのない役柄であり、演じたことのない雰囲気を持つ人物でした。そこに新鮮味を感じたのと同時に、物語の中で繰り広げられる展開にも興味を持ったんです。一般的なメロドラマの形式ではなく、恵まれない環境で育ち、苦痛に満ちた人生で展開する愛の物語にとても惹かれました。

Q.役を演じるために特別に準備したことはありますか?
ソン・チャンウィ:ウニョクはとてもダークな面を抱えた人物です。幼いころに家庭で虐待を受けて育った人なので、たたずまいが暗いんです。逆に僕自信は、どこか温もりのある雰囲気だと思うので、体を大きくしました。また、ウニョクに合わせて重みを感じるような雰囲気を作ろうと努力しました。

Q.体を大きく、というのは体重を増やしたと言うことですか?
ソン・チャンウィ:単に体重を増やすのではなく、自分の体格を大きくしたんです。ただ黙って立っているだけでも暗さを醸し出せるように。特に物語の始めは、黙々と命令を実行する秘書なのでセリフが少ないんです。だからじっと立っているだけでも過去を抱えた事情のある人物に見えるように体格を作り、思考もそちらに合わせるようにしていました。

Q.演技のシナジー効果を起こした共演者を選ぶとしたら誰ですか?
ソン・チャンウィ:僕の場合は、イ・ウォンジョン先輩です。劇中でウニョクの父親役であり、ひどくあくどい人物ですから。ウニョクの子ども時代もドラマで描かれるのですが、そのシーンを見ていると子ども時代の苦しさが伝わってきました。ピルドゥのエネルギーや、言葉には出さないけど父子特有の関係性というものが生まれているので、目を見たり、体当たりするようなシーンですごく大きな影響を受けたと思います。

Q.最も記憶に残っているシーンを選ぶとしたらどこですか?
ソン・チャンウィ:記憶に残っているシーンは、清渓川でチェリンとキスをする場面です。一般的なキスシーンではないと思いました。ウニョクは表現が豊かなタイプではなく、チェリンに導かれるように人を愛する心を取り戻します。その後もチェリンに引っ張られるようにして前に進むようにして清渓川でキスするに至るのですが、その流れが今までしてきたキスシーンと異なり新鮮でした。また、その撮影場所には観光客や見物人も多くいて、音楽まで聞こえてきたので、とても美しく雰囲気のある撮影になりました。

(2ページに続く)

・「かくれんぼ」運報われない愛に苦しむ騎士(ナイト)を演じた愛憎ドラマの貴公子ソン・チャンウィよりメッセージ映像到着!(動画あり)

・「PHOTO@ソウル」ミュージカル「愛しました」ソン・チャンウィ、FTISLAND イ・ホンギら練習現場公開

・「インタビュー」「私の男の秘密」DVDリリース記念…主演ソン・チャンウィのインタビュー到着!

・2018年度上半期愛憎復讐劇視聴率No.1!ソン・チャンウィ主演 「私の男の秘密」DVD、2019年1月5日(土)リリース決定!

2020.04.21

blank