韓国検察、集団性的暴行容疑のチョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフンに「控訴を棄却せよ」

韓国検察が、自身が撮った性関係の不法撮影物を流布し、泥酔した女性を集団で性的暴行を加えた疑いで1審で実刑を言い渡された歌手のチョン・ジュンヨン(31)とチェ・ジョンフン(元FTISLAND、30)の2審裁判で、彼らの控訴を棄却せよと要請した。

検察は9日、ソウル高等裁判所・刑事12部(部長判事ユン・ジョング)の審理で、暴力犯罪の処罰などに関した特例法違反(カメラなど利用撮影)などの疑いで拘束起訴されたチョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフンなど5人に対して、2審結審公判期日で「被告人たちの控訴を棄却し、合同準強姦無罪を言い渡した部分を再検討せよ」と述べた。

チョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフンは2016年1月にカンウンド(江原道)ホンチョングン(洪川郡)と同年3月にテグ(大邱)で女性を泥酔させ集団で性的暴行を加えた疑いを受けた。

チョン・ジュンヨンは2015年末から8か月以上、「BIGBANG」の元メンバーV.I(スンリ、29)とチェ・ジョンフンなど知人たちを含むグループチャットルームを通じて、数回にわたり不法撮影物を共有した疑いもある。

1審で検察はチョン・ジュンヨンに懲役7年、チェ・ジョンフンには懲役5年を求刑した。ともに起訴されたナイトクラブ「バーニング・サン」のMDキム氏と会社員のクォン氏には懲役10年を、芸能プロダクションの元職員であるホ氏には懲役5年を求刑した。

1審の裁判部はチョン・ジュンヨンに懲役6年をチェ・ジョンフンには懲役5年を言い渡した。ともに起訴されたキム氏とクォン氏にはそれぞれ懲役5年と懲役4年が言い渡され、ホ氏は懲役9か月と執行猶予5年が言い渡された。

同日検察の求刑前にクォン氏は1審で有罪と判断された疑いをすべて認め、量刑不当のみを争うと明らかにした。

 

WOW!korea提供

  • チョン・ジュンヨン&チェ・ジョンフン“集団性暴行容疑”、きょう(9日)控訴審2次公判
  • “性売買容疑”チョン・ジュンヨンに罰金100万ウォンの略式命令=裁判所
  • “集団暴行容疑”チョン・ジュンヨンやチェ・ジョンフン(元FTISLAND)らの2審を前に裁判部の焦点は“被告人の酒量”
  • 集団性的暴行のチョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフン、2審も容疑を否認…被害者非公開で尋問予定
  • 2020.04.09

    blank