集団性的暴行のチョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフン、2審も容疑を否認…被害者非公開で尋問予定

自身が撮影した性関係の不法撮影物を流布し泥酔した女性に集団で性的暴行を加えた疑いで1審で実刑を言い渡された歌手のチョン・ジュンヨンとこれに加担して実刑を言い渡されたチェ・ジョンフン(元FTISLAND)が控訴審でも容疑を否認した。

ソウル高裁刑事12部(部長判事ユン・ジョング)は4日午後4時30分に性的暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラなど利用撮影)などの疑いで拘束起訴されたチョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフンなど5人に対する控訴審2次公判期日を進行した。

裁判部は当初今年1月21日に控訴審の初版の期日を正式に進行する予定だった。しかしチョン・ジュンヨンなどが提出した控訴理由書に具体的な意見が必要だと判断し正式審理を進行しなかった。

同日チョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフン、会社員のクォン氏、芸能プロダクションの元職員ホ氏はいずれも「量刑不当、事実誤認、法理誤解をすべて争う」と明らかにした。1審への立場とともに性的暴行の疑いの一部を認めないという趣旨だ。

しかしクラブ「バーニング・サン」のMDのキム氏は有罪部分についてはすべて容疑を認め、量刑の不当だけを争うと明らかにした。

検察は同日1審で撤回された被害者の証人について非公開の非対面証人申請をしており、裁判部はこれを採択して次の期日に行うことにした。

裁判部は被告人たちを相手に共同被告人尋問を進めることにした。裁判部は「被告人に対する尋問が行われた時、他の被告人の弁護人たちも事実関係の確認のための反対尋問を準備してほしい」と説明した。

(2ページに続く)

集団暴行容疑のチョン・ジュンヨン−チェ・ジョンフン、きょう(4日)控訴審公判

・“違法撮影・集団性暴行容疑”チョン・ジュンヨン、判決を不服とし控訴

・チョン・ジュンヨン、判決文から“三度の飯”のように違法撮影・流布が明らかに…日本のホテルでの盗撮写真も

・“チョン・ジュンヨンチャットルームのメンバー”少女時代ユリの実兄クォン氏、懲役4年宣告

2020.02.04

blank