コールドプレイや防弾少年団(BTS)をお家で…全世界ホームコンサート拡散

新型コロナウィルス感染症が全世界に広がって予定されていた世界的歌手のコンサートが、次々に中止になっている。 このような難しい状況の中でアーティストたちが直接、一肌脱いだ。 SNSライブあるいはテレビを通じていわゆる“ホームコンサート”を行っていること。 コールドプレイ(Coldplay)を皮切りに、ジョン・レジェンド、ビリー・アイリッシュ、デュア・リパと防弾少年団(BTS)まで、オンライン公演を通じてまた違った希望を抱かせてくれている。

 

世界的なバンドコールドプレイのボーカルクリス・マーティンは、3月16日(現地時間)自身のSNSライブを通じてミニコンサートを開いた。 約30分間行われたこのミニコンサートでクリス・マーティンは、ファンたちのリクエストを受けてヒット曲「Trouble」、「A Sky Full of Stars」などをライブで熱唱した。 特にこの放送には、約30万人のアクセスが集まって話題になった。

 

クリス・マーティンは映像を通じて「互いに違う国にいるファンたちと共にすることができる方法を考えて、家で公演をしながら一緒に歌いたかった」と話して、「#TogetherAtHome」というハッシュタグを付けた。 そして、ジョン・レジェンドを次の走者だと指名したが、彼もインスタグラムを通じてライブを広げて本格的にホームライブ公演が広がり始めた。 ここにチャーリー・プース、ワン・ダイレクションのナイル・ホーラン、イギリスのシンガーソングライターヤングブラッドなどが合流した。

 

  • 【公式】防弾少年団(BTS)映画・ドキュメンタリー・コンサート、JTBC、5週間編成放送
  • 防弾少年団(BTS)事務所の合弁法人 ボーイズグループのプロデューサー募集
  • 防弾少年団(BTS)、TWICE出演の「SBS人気歌謡」、Amazon prime Videoで配信スタート!
  • 防弾少年団(BTS)、アチャランキング6週連続で1位…“怪物新人”MCNDも急上昇
  • 2020.04.04

    blank