歌手フィソン、麻薬疑惑→睡眠麻酔の投与→警察出動…騒動は進行形

韓国男性歌手のフィソンが、麻薬投与の疑いで警察の捜査を受けているなか、今回は睡眠麻酔剤類の薬物を投与したまま倒れ、警察が出動するという事態が発生した。騒動が相次ぐなかでも、フィソンの所属事務所は沈黙を貫いている。

1日、警察によると、フィソンは先月31日の午後8時30分頃ソウルの松坡(ソンパ)区にある建物のトイレで倒れているところを発見された。意識がある状態で体にも異常はなかったと伝えられた。

この日通報を受けて出動した警察は、現場でビニール袋と注射器数本、液体が入った瓶などを発見した。警察は倒れている男性がフィソンであるということを確認すると、麻薬投与の可否を確認するために警察署に連行して尿検査を行い、陰性であることが確認された。

警察はフィソンを帰宅させたあと、睡眠麻酔剤の入手ルートと、犯罪の疑いなどで、追加の調査を行う予定だ。

(2ページに続く)

・“プロポフォール投薬疑惑”フィソン、睡眠麻酔剤使用し倒れた状態で発見され警察出動

・タレントのエイミ、歌手フィソンに「騙された」と知人が証言… 音声通話内容を「巧妙に編集」

・歌手フィソン、プロポフォール常習投薬の疑い…警察が捜査中

・歌手フィソン、全国ツアーを急きょキャンセル… 練習中、大臀筋を負傷

2020.04.01

blank