イ・ヨンエもチョン・ジヒョンもポン・ジュノ監督も…「新型肺炎」で芸能界から寄付が続々

昨年12月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスが世界的拡がりをみせ、国内で感染が確認された人は2000人を超えた。日々増加する感染者数を前に、国民は不安と心配にさいなまれている。

こうした国家の危機に、芸能人たちが相次いで立ち上がった。女優イ・ヨンエを皮切りに、最近ではチョン・ジヒョンも寄付したことで注目を集めている。

28日午前9時現在、新型コロナウイルスの感染者として427人が加えられ、2022人に達した。特に大邱・慶北地方での感染者数が急激に増加している。マスクや消毒薬など、基本的な予防グッズですら入手することが困難な状況だ。

そうした中、真っ先に支援を名乗り出たのが女優イ・ヨンエだ。イ・ヨンエは、大邱社会福祉共同募金会経由で5000万ウォンを寄付し「新型コロナウイルスによって大邱経済が縮小し、生活に支障をきたしている方も多いため寄付した」とした。

(2ページに続く)

・イ・ヨンエ、”ずっと以前から防弾少年団のファン、ちょっと自慢したかった”「本格芸能真夜中」

・女優イ・ヨンエ、「そのままのイ・ヨンエと呼ばれたい」…代名詞のいらない存在感とその理由

・<トレンドブログ>“素顔だけど喜んで”…イ・ヨンエ、遠くからも輝く素顔の女神☆

・<トレンドブログ>イ・ヨンエ、思わず見とれる優雅さ+蠱惑美..“待つことは退屈~”

2020.02.28

blank