「iKON」、24か国のiTunesアルバムチャート1位獲得=ビルボードも関心

「iKON」、24か国のiTunesアルバムチャート1位獲得=ビルボードも関心

6人組に再編後活動を再開したアイドルグループ「iKON」が全世界のファンの熱い関心を受けており、変わらぬグローバルパワーを立証した。

「iKON」は去る6日、タイトル曲「Dive」が収録された3rdミニアルバム「i DECIDE」を公開した。「iKON」が6人体制を通じて新たにスタートするアルバムで発売前から関心を集めていた。

「i DECIDE」は音源公開後、24か国のiTunesアルバムチャート1位を獲得。ワールドワイドiTunesアルバムチャートでは2位にランクインし、世界各地での影響力を立証した。この他にも「i DECIDE」は日本のiTunes総合アルバム、K-POPアルバム1位にあがり、「Dive」はK-POPソング9位にランクインする底力を見せた。

音源の成績だけでなく、「iKON」へ向けたファンの応援も続いた。音源公開以降、「iKON」の「Dive」発売を応援する「#DIVEwithiKON」というハッシュタグはワールドトレンド2位を記録したのに続き、6か国のトレンド1位に輝いた。

タイトル曲「Dive」は国内の音源サイトでも順調だ。Soribadaのリアルタイム音源チャート1位をはじめ、国内の音源配信サイトリアルタイムチャート上位に入っており、「iKON」の底力を誇示した。

また米国ビルボードも「iKON」の新曲「Dive」に関心を示しており、音源とミュージックビデオ(MV)を詳しく分析した。ビルボードは「Dive」について「2013年にヒットしたPitbullとKeshaの『Timber』を想起させるカントリー調の楽しい音楽だ」とし「『Dive』MVにはiKONのメンバーが矢の標的になったり、炎の中でダンスをするなど危険な状況に直面しながらも歌を歌う姿が盛り込まれている」と説明した。

 

WOW!korea提供

 

  • iKON、カムバックを控えファンにあいさつ…“熱心に準備しながら、メンバーと旅行も行った”
  • 「iKON」、きょう(6日)1年ぶりのカムバック!
  • 「iKON」、「Dive」2番目のティザー公開の前奏メロディと6人の団体パフォーマンス一部披露
  • 「iKON」ファン同士が分裂? 海外ファンが別トラックで”ボイコットをボイコット”宣言
  • 2020.02.07

    blank