パク・ソジュン、“制服での演技はぎこちなかったが、顔は中2の時そのまま”「梨泰院クラス」

「梨泰院クラス」主演のパク・ソジュンが、制服での演技に対する感想を伝えた。
30日午後、ソウル永登浦区(ヨンドゥンポク)汝矣島(ヨイド)コンラッドホテルで行われたJTBC金土ドラマ「梨泰院クラス」の製作発表会が行われた。
「梨泰院クラス」は、不合理な世の中、こだわりと覇気で団結した若者のヒップな反乱を描いた作品で、梨泰院で展開する創業神話を描いた。

劇中パク・セロイ役を引き受けたパク・ソジュンは、パク・セロイの高校時代も演じなければならなかった。パク・ソジュンは、制服での演技はどうだったかという質問に「ぎこちなかったです。制服を着ながら考えてみると、卒業してからずいぶん長くたちました。僕の高校時代は本当にとても痩せていたなと思ったりしました」と伝えた。

続いて「制服が与える印象があります。高校生から大人になった時、この過程を演技しなければならないので僕の成長過程をたくさん振り返りました。幼い時一番たくさん言われたのが、口調に対する指摘でした。僕がとても幼い子供のような話し方をしていたのですが、そんな部分もちょっと考えてみたり、幼いふりをしてはいけないと思いました。今は中学2年生の時の顔だと思いました。心配いらないと思いました」と明らかにした。

「梨泰院クラス」は、31日午後10時50分から韓国で初放送予定。

  • パク・ソジュン、ドラマ「梨泰院クラス」について語る…”ウェブ漫画を見ていなくても十分におもしろい”
  • 「PHOTO@ソウル」パク・ソジュン&キム・ダミら、新ドラマ「梨泰院クラス」の制作発表会に出席
  • パク・ソジュン、「梨泰院クラス」でお茶の間に青春の風を…"人生キャラクター"更新を予告
  • 演じれば大ヒットのパク・ソジュン、新ドラマ「梨泰院クラス」はどうなるか
  • 2020.01.30

    blank