「コラム」連載 康熙奉(カン・ヒボン)のオンジェナ韓流Vol.60「新大久保の『韓国広場』」

塗り替えられた絵

新大久保は今や大人気のコリアンタウンになった。
しかし、金根熙さんはコリアンタウンという言葉が好きではないという。
「確かに、ここには韓国人が多いでしょう。しかし、昔から住み続けている人のことを考えると気軽に『コリアンタウン』とは言いにくいですね。たとえば、街が変わった現象を『塗り替えられた絵』という言葉で表現しています。地元では、長い歴史の中で街というひとつの絵が完成したわけです。ある日突然、ぜんぜん違う絵に塗り替えられるわけですね。地元と関係のない人たちは、この絵もなかなかいいじゃないかと言いますが、もともとの絵は形もなくなっているように見えますので、地元の当事者たちは非常に寂しいのです。それを考えると『コリアンタウン』とは言えないですね」

この言葉は今もしっかり心に残っている。
大勢の韓流ファンが新大久保を訪れているが、街というものは、古くからの伝統と新しい流行との融合で形作られていく……そういう意味で、今も『韓国広場』に行く度に、先見の明があったオーナーの言葉を噛みしめている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

2019.03.02

blank