「インタビュー」「最高の離婚」チャ・テヒョン“こんなに共感できないキャラクターは初めて”

2019.01.01

写真=10asia

 

「今まで私が出演した作品の中で『人生ドラマ』というコメントは初めて見ました」

最近、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン)のあるスタジオで出会った俳優チャ・テヒョンがこう語った。彼は、放送終了したKBS 2TVのドラマ「最高の離婚」(脚本ムン・ジョンミン、演出ユ・ヒョンギ)について「見た人は深く共感する作品だと思います」と自評した。

2013年に放送された同題の日本ドラマが原作である「最高の離婚」は愛と結婚、家族に対するさまざまなストーリーを扱った。チャ・テヒョンはドラマの中で、気難しく神経質なチョ・ソクム役を演じ、ペ・ドゥナと夫婦役で呼吸を合わせた。ドラマ出演は昨年、KBS 2TVのドラマ「最高の一発」(脚本イ・ヨンチョル、演出ユ・ホジン)以来1年ぶりだ。

チャ・テヒョンは「初めて台本を見た時から中間はなさそうな作品だと思った。まず他の国のドラマなので、我々の情緒と合わない部分がある」と話し、「共感しながら見るか、あるいは最初から見ないかのどちらかだろうと思った」と述べた。

彼の予想は的中した。「最高の離婚」は視聴率4.4%(ニールスンコリア、全国基準)で幕を閉じた。平均視聴率3%台と低調な成績だったが、視聴者の意見を見ると“人生ドラマ”という絶賛があふれ出た。

「今まで出演した作品の中で『人生ドラマ』と言われたことがなかったのですが、コメントでそのような文章を初めて見たんです(笑)。少なくとも視聴した方々はすごく楽しく見てくれたんだなと思いました。視聴率はいつも気にします。ドラマはもちろん、映画、バラエティ番組も『損をしないこと』が目標です。お金で損をしないことです。「最高の離婚」は視聴率を見て意気消沈しましたが、後で知ったことですが視聴者の方のお陰で広告がたくさん入ったそうです。前もって言ってくれればよかったのに(笑)」

このような責任感は、2005年頃に出演した作品が低調な成績だったためにさらに強くなったという。彼は「映画『猟奇的な彼女』以降、さらに数作品はよかったが、当時は良く感じていなかった。予想より作品がうまくいかなかった時、周囲の人々が疲弊する過程を目で見て責任感が強まった」と振り返った。

(2ページに続く)

・<KBS World>年末一挙放送! ドラマ「最高の一発」ユン・シユン、チャ・テヒョン、キム・ミンジェ主演!恋と青春を描くラブコメディ!

・俳優チャ・テヒョン、出演ドラマ「最高の離婚」OSTフィナーレを装飾

・<KBS World>初放送!ドラマ 「プロデューサー」キム・スヒョン、チャ・テヒョン、コン・ヒョジン、IU主演!プロデューサーと芸能人が恋に仕事に奮闘するラブコメディ!

・「最高の離婚」チャ・テヒョン、出演の理由は女優ペ・ドゥナが70%影響