【全文】パク・ヘジン側、俳優の保護のため韓国芸能マネジメント協会に陳情書を提出

韓国芸能マネジメント協会が、ドラマ「四子」とパク・ヘジン側の騒動について公式立場を明らかにした。

韓国芸能マネジメント協会は23日、公式報道資料で「韓国芸能マネジメント協会は、会員会社であるマウンテンムーブメントエンターテインメントは11月23日午後、韓国芸能マネジメント協会に公式にビクトリーコンテンツとの意見対立が深刻な事態に対する陳情書を提出した」と伝えた。

以下、韓国芸能マネジメント協会の公式立場全文。

韓国芸能マネジメント協会は、事前制作ドラマ「四子」の制作会社ビクトリーコンテンツと、そのドラマの男性主人公であるパク・ヘジンの所属事務所マウンテンムーブメントエンターテインメントの間に、最近起きた意見対立の事態に対して次のような公式立場を表明します。

韓国芸能マネジメント協会の会員会社であるマウンテンムーブメントエンターテインメントは11月23日午後、韓国芸能マネジメント協会に公式にビクトリーコンテンツとの意見対立が深刻な事態に対する陳情書を提出しました。

(2ページに続く)

・【全文】俳優パク・ヘジン側、ドラマ「四子」制作会社の非常識な行為に法的対応へ

・ドラマ「四子」側、俳優パク・ヘジンの”条件なし”現場復帰を訴え

・俳優パク・ヘジン側、ドラマ「四子」側の“連絡途絶”主張に反論「すでに撮影契約が終了している」

・ドラマ「四子」制作側、今度は主演俳優パク・ヘジンと連絡できず…迅速な現場復帰を要求

2018.11.23

blank