「責任が大きい」と語っていたチャン・グンソクの人知れない痛み

2018.07.07

軍服務に対して韓流スターにふさわしい責任感を打ち明けたチャン・グンソク、今ではその痛みが理解される。

チャン・グンソクは、16日から社会服務要員として国防の義務を務める。チャン・グンソクの所属事務所TreeJ Companyは6日、「チャン・グンソクが、16日から社会服務要員の基本教育を受けた後、2年間代替服務を始める」と明らかにした。

チャン・グンソクは来る 16日から基本教育を受けた後、社会服務要員として2年間代替服務を開始する。チャン・グンソクが社会服務要員として服務するのは、2011年から病んだ躁うつ病のためだ。

チャン・グンソクの所属事務所によるとチャン・グンソクは、2011年ある大学病院で初めて躁うつ病の診断を受け、その後行なわれたすべての再身体検査で再検対象判定を受けた。チャン・グンソクは、入隊延期の要請なしで兵務庁の再検要求を履行し、最近4級社会服務要員召集対象として最終的な兵役処分を受けたと伝えられた。

チャン・グンソクは、SBSドラマ「スイッチ-世界を変えろ」終了後、軍入隊すると予想されていた。3月に行われたドラマの製作発表会の現場でも軍入隊に関する質問に対してチャン・グンソクは避けることなく、「このドラマが入隊前の最後の作品になると思います。それで責任感も大きいいし、そのためワンシーンごとに撮影しながら心の準備をしています。代表的なキャラクターを作るためにたゆまず努力しながら撮影中です」と特別な覚悟を明らかにしたりした。

(2ページに続く)

・「コラム」チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

・俳優チャン・グンソクの躁うつ病→代替服務の知らせに日本でも心配の声

・「コラム」チャン・グンソクの兵役4級判定を検証する!

・「コラム」チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か