「T-ARA」、中国財閥2世との噂に再び火が付く

 

7日、MBCの芸能情報番組「セクションTV芸能通信」は、「T-ARA」と所属事務所MBKエンタテインメントの契約終了を報じた。これと共に過去に中国財閥総帥の息子であるワン・スーツォン氏が「T-ARA」の中国での活動のために所属事務所に90憶ウォン(約9憶5000万円)を支払い、メンバーたちにスーパーカーを1台ずつプレゼントしたと伝えた。

しかしMBKエンタテインメント側は「事実ではない」と公式立場を伝えた。これは2015年にワンダグループ総裁の息子ワン・スーツォン氏が作ったバナナカルチャーと中国での活動契約を結んだ時に巻き込まれたデマだ。「T-ARA」はバナナカルチャーを通じて中国で様々な活動をしてきた。

「T-ARA」メンバーのジヨン、ヒョミン、ウンジョン、キュリは昨年12月を最後に所属事務所MBKエンタテインメントと契約を終了。しかしメンバーとMBKエンタテインメントは解散ではないと強調している。

WOW!korea提供

 

MBKエンタテインメント側、「T-ARA」商標出願したが「BEAST」の状況とは違うとコメント

「T-ARA」ヒョミン、メディアグループ代表と熱愛報道

【全文】「T-ARA」、事務所MBKと別れることを明かす…「今後もメンバー一緒に」

「公式的立場」MBK、T-ARAと昨年契約満了…“解散ではない”

2018.01.08

blank