2PM Jun. K、2PMの価値をいっそう高めたソロデビュー

201608100955775385_57aa7becb2ea9

ソロでデビューした2PM JUN.Kが、すべてを果敢に公開している。8年間活動しながら積んで来た経験が普通ではない。作曲、歌唱力、パフォーマンスはもちろんミュージックビデオの演出までやりこなしてアーティストとして大衆の前に立った。
彼のソロデビューに関して大衆はもちろん業界の関係者さえ「驚くほどだ」という反応だ。自作曲でアルバムを製作し、プロ級のクォリティーを披露しているという。自ら作った曲でステージに立って歌を歌ってパフォーマンスを公開する様子は、Jun. Kのアイデンティンティが溶け込んで「完製品」に近いという好評が続いている。今まで「アイドル」というタイトルに閉じこめられて低い評価を受けてきたのは事実だろう。

もちろん2PMというグループ自体が、強固な実力と魅力を等しく兼ね備えたチームだが、Jun. Kはそれ以上に認められて当然の実力派だという。自身の価値をそのごとく証明することができるチャンスが与えられ、誇るようにその価値を証明しているわけだ。
Jun. Kの総合ギフトセットのような才能は、このソロアルバム「Mr. NO♡」に盛り込まれた。9日0時に公開されたこのアルバムのタイトル曲は「Think About You」だ。

사본 -201608100955775385_57aa7bee2c232012

2PMのリードボーカルでありプロデューサーとして「Go Crazy」、「My House」などのヒット曲を誕生させた彼は、このアルバムの全曲を作詞作曲した。完ぺきな作詞作曲にプロデューシング能力、抜群なピアノの実力で曲作業の全てを自ら完成させて、ひたすら彼だけのカラーを盛りこんだ。
新しい試みも成された。タイトル曲「'Think About You」は、R&BにFUTUREジャンルを取り入れて音楽的な試みを披露した。

Jun. Kが、再度スポットを浴びたのは、彼が属した2PMの価値をさらに高めたということだ。彼がアーティストとして認められて2PMに向けた視線自体が変わりつつあり、今年デビュー8年目を迎えた時点で決定的なポイントとして作用している。「アイドル」から次のステップを踏み出す第一歩として、Jun. Kのソロデビューを選択したのだ。
彼を皮切りに、2PMのメンバーの本格的なソロ活動が始まる可能性も高まっている雰囲気だ。ソロ活動を通じてメンバー個人の実力をもう一度評価を受けることができるからだ。Jun. K以外にも2PMのメンバーは、各自の長所と魅力を充分に兼ね備えているため確かに競争力がある。

2016.08.13

blank