女優スエ、映画「国家代表2」出演確定…女子アイスホッケー選手に変身!

201450730_sue_b韓国女優スエが映画「国家代表2」(仮題、監督:キム・ジョンヒョン)出演を確定、本格的な撮影準備に突入する。

映画「国家代表2」は韓国初で、唯一の女子アイスホッケーチームである国家代表創立過程をモチーフにする作品。脱北者出身から元ショートトラック選手、おばさん、中学生まで経歴や事情も様々な選手たちが集まり、太極マークに恥じないよう堂々と国家代表に成長していく物語を描く。

劇中スエは北朝鮮の女性アイスホッケー代表チーム出身であるチームのエース、ジウォン役を演じる。特に映画「国家代表2」は韓国映画初のアイスホッケー種目を素材にする作品。「スピードと激しさ」の代表とされるアイスホッケーであるだけに出演俳優たちの過酷な訓練を必要とする中、スエはすでにアイスホッケーの基本技練習に突入しており、作品に対する熱意を見せている。

以前の作品を通じて「女性らしく優雅なイメージ」を主に披露していたスエは今回の映画「国家代表2」を通じて、激しい勝負の世界に飛び込んだアイスホッケー選手としてのイメージチェンジを予告した。

2009年に韓国で観客850万人を動員し、韓国を代表するスポーツ映画としての地位を固めた「国家代表」。その2番目の物語である「国家代表2」の映画化ニュースはすでに多くの映画ファンの熱い関心を受けている。特にスエの勢いで期待値を高める見通しだ。

映画「風邪」以降、2年ぶりにドラマ「仮面」でカムバックしたスエは放送開始と共に現在まで、同時間帯視聴率1位を獲得するなど大反響を得た。

映画「国家代表2」はスエのキャスティング確定と共に、オ・ダルス、キム・スルギ、チン・ジヒ、ハ・ジェスクなどの出演も決定した。残りのキャスティングを終え次第、本格的なアイスホッケー訓練を経て、来る10月のクランクインを目標にしている。

WOW!korea提供

2015.07.31

blank