「NewJeans」、「BTS」が8年目で得た成果をデビュー6か月で達成…ビルボードメインチャートに2曲チャートイン


グループ「NewJeans」が、再びK-POPの新しい歴史を描いた。

デビュー6か月というK-POP最短期間でアメリカビルボードメインチャートであるHOT100にチャートインし、また該当チャートに2曲を同時にチャートインさせた。

アメリカの音楽媒体ビルボードが公開した最新チャート(1月28日付)によると、「NewJeans」の初のシングルアルバム先行公開曲「Ditto」はHOT100で85位を記録した。先週の該当チャートに96位でチャートインした「Ditto」は一週間で11段階上昇させ、2週連続チャートインに成功した。これと共に初のシングルアルバムタイトル曲「OMG」もHOT100に91位でチャートインし、該当チャートに2曲のチャートインを成功させた。

これで「NewJeans」は、昨年7月のデビュー以降6か月でビルボードHOT100へのチャートインという記録を立てた。これはK-POPアーティストの最短期間チャートイン新記録だ。これに先立ち「BTS(防弾少年団)」は2017年10月に発売した「DNA(85位)」でデビュー後4年3か月で、「BLACKPINK」は2018年6月に発売した「DDU-DU DDU-DU(55位)」でデビュー1年10か月でHOT100へのチャートインにそれぞれ成功している。「NewJeans」は「BTS」よりも3年9か月、「BLACKPINK」よりは1年4か月早くHOT100へチャートインしたこととなる。

「NewJeans」は、2016年9月以降デビューしたK-POPアーティストの中でビルボードHOT100に名前を載せた初のアーティストとなった。第4世代のアイドルの中でHOT100に名前を載せたのは「NewJeans」が唯一だ。(2ページに続く)

2023.01.26

blank