「インタビュー」「少女リバース」チャンミ(AOA)、イヨン(元BVNDIT)脱落後初のインタビュー!『すっぴん&ジャージで撮影が楽だった』撮影秘話や心境を暴露インタビュー(動画あり)

AOAのチャンミ(キャラクター:ももか)、BVNDIT出身のイヨン(キャラクター:ジュエル)が、「少女リバース(RE:VERSE)」(以下、少女リバース)に出演した心境を語った。

ⓒ Kakao Entertainment Corp.ⓒ Kakao Entertainment Corp.

「少女リバース」とは、現実世界を生きる30名の現役・元K-POPアイドルたちがバーチャルの姿に変身して、新たにバーチャルアイドルグループとしてのデビューを目指す新概念のサバイバル番組。

彼女たちは顔も正体も隠したまま仮想空間である異世界Wに召喚され、パフォーマンスの実力はもちろん、自身の才能や魅力を最大限にアピールすることで、最終的に5名に絞られるデビューメンバーになるために、熾烈な競争を繰り広げる。

そんな「少女リバース」では、最初のステージである1対1デスマッチを通して30名から15名までが予選ラウンドを通過、現在は敗者復活戦により追加で3名の本戦進出者を選出している最中だ。

ⓒ Kakao Entertainment Corp.ⓒ Kakao Entertainment Corp.

そして昨日1月22日(日)の配信では、復活できずに異世界Wを去ることになった番組初となる脱落者である4名、Weeeklyのイ・ジェヒ(カカオ姫)、AOAのチャンミ(ももか)、TRI.BE のソンソン(ラスカル)、BVNDIT出身のイヨン(ジュエル)が、その正体を公開した。

ⓒ Kakao Entertainment Corp.ⓒ Kakao Entertainment Corp.

4名がそれぞれの胸の内を明かした本心を語る動画を「少女リバース」日本公式YouTubeにて公開中。
ハンカチをご用意の上、ぜひチェックしてほしい。

[Character License] http://bit.ly/3hKELEw
VRChat is being streamed and monetized after confirming with VRChat Inc.Visit https://hello.vrchat.com/
本記事では、AOAのチャンミ、BVNDIT出身のイヨン2名に実施したインタビューの様子をお届けする。

  • チャンミ(AOA)、イヨン(元BVNDIT)脱落後初のインタビュー

――なぜ「少女リバース」に出演しようと思ったのですか?

チャンミ:まず最初にこの企画のオファーをいただいて、今までにない新しい企画だったこと、そしてサバイバル番組の中でも、個人のステージを披露できるという点がとても魅力的に感じました。勝ち進んで生き残りたいというよりは、この番組に挑戦しながら番組を盛り上げていきたいという感情のほうが大きかったので出演を決めました。

ⓒ Kakao Entertainment Corp.ⓒ Kakao Entertainment Corp.

イヨン:私もチャンミ先輩と似たような回答になってしまうのですが、顔や正体を隠して番組に参加するという内容が私にとってはとてもやりやすいと思ったんです。そのコンセプトがまず出演を決めるきっかけになりましたね。私はサバイバル番組に馴染みがないと思っていたのですが、正体を隠して自分の強みだけで勝負できるという点がとても魅力的でした。

ⓒ Kakao Entertainment Corp.

ⓒ Kakao Entertainment Corp.

――バーチャル世界で新しい顔と名前で活動することの長所と短所はどこだとお考えですか?また、難しかったことはありますか?
チャンミ:長所は撮影が楽なことです!(笑)まず、朝起きる時間にとても余裕ができました。撮影前に美容室に行く必要がないからなのか、休むことができました。それから、着飾らずにジャージを着たり、スッピンでいられるという部分では肉体的な疲労度が他のバラエティに比べても少なかったと思います。短所は、今日インタビューをしながら感じたんですが、ジュエルと実際に会って少し気まずいことかな…(笑) 難しかった点は特になかったかなと思います。…でも、他の出演者の子たちを実際に抱きしめたいのに抱きしめてあげられないし、頭をなでてあげたかったのにそれもできなかった部分が少し心残りです。

イヨン:長所はチャンミさんが話してくれたようにたくさんありますが、制約を受けなくても良いことですね。時間的にも空間的にも。なので時間の節約もできるし疲労度も減るのが良いところ。短所は、これまでは実際に会ってエネルギーをもらうことに慣れていたので…私の本心に近いものを伝えることができたら良かったのに、それが出来ない瞬間にモヤモヤしました。例えば、機械を着用して撮影すると、不思議なくらいに私の動きと全く同じように表現できるんですけど、でもそれでも、もどかしさがありました。ちゃんと私の気持ちが伝わらないのではないかと思ってしまって…。難しかった点はなかったかなと思います。撮影をしながらもベッドに横になって休んでと言われたり、そんな雰囲気だったので。あとおやつももらえて…(笑)あ、でも…私たちの正体を最後まで私たち出演者同士でも隠し通したじゃないですか。だからどこかに行くときも被り物をしたり、保護されながら行かなければならなかったので、そういう点は少し難しかったですかね(笑)

ⓒ Kakao Entertainment Corp.ⓒ Kakao Entertainment Corp.

―残念ながら今回は脱落されましたが、今後バーチャルキャラクターとして個人活動する計画があるのかも気になります。

イヨン:バーチャルキャラクターとしての今後の活動は考えてなかったです(笑)でも、機会があるのならばまたやってみたいです!今回は初めてだったのでまだノウハウがなくて早くに脱落してしまいましたが、また機会があるのならばもっと色々やってみたいこともあったので、ぜひチャレンジはしてみたいです。

チャンミ:私は絶対やりたいです。このサバイバルの間とても楽しくて、ももかというキャラクターでまた活動ができるなら幸せだと思います。ももかと一緒に無限の可能性がある仮想空間で活動できるというのは、自分を含め他のアイドルにとっても喜ばしいことなんじゃないかなと思います。

――仮想空間ではご自身の正体を明かさないため、制約のあるガールズグループとして実際に活動した経験があるという点では、解放感が大きかったかと思います。サバイバルを通して、一番刺激を感じた瞬間はありますか?

チャンミ:私は…先輩と呼ばれないということが刺激的だったように思います(笑) 昔は現場に行くと周りの80%くらいが先輩だったのに、今ではどこへ行っても後輩が多いので…。尊敬の意味もあって重要な呼称ですが、それによって慎重になったり責任を感じる部分もあります。でも、Wではみんなが改名した私の本名でもある「ドファ(ももか)~!」と名前を呼びながら近づいて来てくれたので、嬉しかったです。

ⓒ Kakao Entertainment Corp.ⓒ Kakao Entertainment Corp.

イヨン:私は解放感を感じている先輩方を見ていることが、刺激的でした。「そんなのあり⁉」と思わせるような言動をなさるから(笑) また私のキャラクターは、みんなが友達で誰にでもタメ口で話すという設定だったので、後輩という立場からしたらすごく刺激的でした(笑)

(2ページに続く)

2023.01.23

blank