チャン・ソンギュ、銀行業務中に突発的なミス…37万ウォンではなく370万ウォンを入金

タレントのチャン・ソンギュが銀行員体験中に、危険なミスを犯した。

チャン・ソンギュのYouTubeチャンネル「ワークマン」には、「37万ウォン(約3万8500円)を入金しなければならないのに370万ウォン(約38万5000円)を入金した新人」というタイトルの動画がアップされた。

この日、チャン・ソンギュは銀行員経験を通し、仕事を学ぶ時間を持った。まずATM機器について学び、チャン・ソンギュは先輩たちの助けを借り、お金箱を持って金庫に移動し2000万ウォンを入れた。

次に入出金、預貯金など全般的な銀行業務応対をする窓口業務を学んだ。金額が正確であることが何より重要で、差額が発生した場合、個人のお金で直接埋めなければならない。

続いて、チャン・ソンギュの前に1人の客が到着した。客は37万ウォンを入金しようとした。しかし、金額確認後、電子計算機に入力する過程で、チャン・ソンギュは37万ウォンではなく370万ウォンを入力するミスを犯し、ハラハラする場面が見られた。

お客さんは「大丈夫です」と快く状況を越え、チャン・ソンギュは「私も気持ちとしてはやってあげたいけど、全部私が不足分を払わなくてはならなくて…」と冗談を言った。続いて、通帳開設応対まで終えた後、集金業務を行うことに。集金業務とは組合員を対象に施行される出張金融サービスのことだ。

チャン・ソンギュは先輩銀行員と一緒に集金しながら住民たちと積極的に疎通し、目を引いた。最後にすべきことはお金の計算である。だが、あるべき金額より8万ウォン(約8000円)を多いことが明らかになり、チャン・ソンギュは「多いときは、私たちがもらっていいのですか」と尋ねたが、先輩は「探さなければならない。そんなことをしたら横領罪」ときっぱりと話した。

結局、お金を数え直さなければならない状況になった。チャン・ソンギュは「これが大変な仕事なんだね」として慌てたが、その時、ある銀行員が、差額が出てしまった原因を劇的に見つけ出し、チャン・ソンギュは感嘆した。
WOW!Korea提供

2022.12.07

blank