「2022大衆文化芸術賞」パク・チャヌク監督&故カン・スヨンさん&俳優ソン・ガンホなどが表彰の栄誉に輝く=受賞ラインナップ


パク・チャヌク監督、女優の故カン・スヨンさんなどが「2022大韓民国大衆文化芸術賞」の主人公になった。

大衆文化芸術分野の最高権威の政府褒賞である「2022大韓民国大衆文化芸術賞」の授賞式が24日に国立劇場ヘオルム劇場で開催された。

文化体育観光部(パク・ボギュン長官、以下文体部)が主催し、韓国コンテンツ振興院(チョ・ヒョンレ院長)が主管する「大韓民国大衆文化芸術賞」は、大衆文化芸術の社会的地位を高め、大衆文化産業発展と韓流拡散に寄与した人々を激励するための賞として、2010年から毎年授賞している。

文体部は対国民公募と専門家の推薦を経て受賞候補者を選定し、候補者たちの手工期間、国内外の活動実績、関連産業への寄与度、社会貢献度などさまざまな事項を総合的に審査し、▲ 文化勲章(5人) ▲ 大統領表彰(6人) ▲ 首相表彰(8人/組) ▲ 文化体育観光部長官表彰(9人/組)など計28人(組)を受賞者として選定した。

ことしの授賞式の最大の栄誉となる銀冠文化勲章は▲映画「別れる決心」でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞し韓国映画人としてはカンヌ国際映画祭最多受賞記録を立てた監督パク・チャヌク

▲ 1969年に満3歳の年齢でデビューし、ヴェネツィア国際映画祭で韓国人で初めて女優主演賞を受賞した大韓民国初のワールドスター、女優故カン・スヨンさんが受勲した。

宝冠文化勲章は▲映画「ベイビー・ブローカー」で韓国人で初めてカンヌ国際映画祭の男優主演賞を受賞した俳優ソン・ガンホ ▲ 1987年にKBSTVの文化館「だんだん…」で作家としてデビューした後、「息子と娘」など人気ドラマを執筆した作家パク・ジンスク ▲ 「カクシタル」、「アスファルトの男」、「ミスターQ」、「いかさま師~タチャ」、「食客」など映画やドラマで作品化されたさまざまなマンガを創作した作家ホ・ヨンマン が受賞した。
(2ページに続く)

関連記事

2022.11.25

blank