≪韓国ドラマREVIEW≫「明日」15話あらすじと撮影秘話…ジュヌンは現実世界へ、見守るクリョンたち=撮影裏話・あらすじ(動画あり)


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Youtube動画:「明日」メイキング(動画2:21から5:00まで)

今回は、ジュヌンがクリョンとリュングと別れを惜しむシーンの続きから。
クリョンは最後に、ジュヌンに対して超能力を使いこれまでの記憶を消す。キム・ヒソンが自分の顔の前で指をならすが、なぜか吹き出してしまうロウン。キム・ヒソンも笑い出しNGに。
別の角度から再度撮影が始まる。「チェ・ジュヌン、そろそろ元の世界へ戻る時間よ」「ホントにお別れですか」「今までご苦労様」とやり取りが続く。

続いては、ジュヌンが現実世界へ戻ってきた直後のシーン。
まずはリハーサルから。現実世界でも自殺を止めに入るジュヌン。自殺をとめて、「応援か知ってる?歌ってみて」とアドリブ演技を。
その後撮影が始まる。社員の自殺を止めて抱き合う。その演技を近くで見ているユン・ジオンやキム・ヒソンら。
「ジュヌンのとこに走って行こうか」と笑うキム・ヒソン。ジュンギルもそこへやってきて、ジュヌンを見守る。
3人はリハーサルをし、和気あいあいな雰囲気だ。

●韓国ネットユーザーの反応●

「スヒョクとクリョンの関係気になる」
「スヒョクももっと登場してほしい」
「キム・ヒソンいつも明るくて楽しそう」
「ロウンアドリブ演技もするんだ」
「現実世界でも自殺を止めてる」

●あらすじ●

MBCドラマ「明日」15話(視聴率2.4%)では、芸能人のチョヒ(キム・シウン)を助けようとする危機管理チームのリョン(キム・ヒソン)、ジュヌン(ロウン(SF9))、リュング(ユン・ジオン)の様子が描かれた。

リョンは戦争で自分を守ろうとして亡くなったコプタンの生まれ変わりのチョヒが管理対象者だと知らせるレッドリストにあがると、衝撃を受けた。リョンはジュヌン、リュングと共に警備員とマネジャーとして潜入してチョヒの観察に突入。信じてくれない代表、ギャンブルにはまって果てしなく金を要求する父親、継続する悪質な書き込みによるストレスに悩まされながらも、胸の内を明かせないチョヒの状態を確認し、心を痛めた。

結局、チョヒは舞台のリハーサル中に倒れてしまい、「このまま死んでしまえばよかった」と自分のことを商品としか思っていない人たちに苦しむ様子を見せた。リョンは「あなたはそうやって死んではいけない人。あなたを助けたい」とチョヒの手を握って伝えた。さらにジュヌンとチョヒの手首に続く縁の糸を見たリョンは、ジュヌンにチョヒの担当をさせた。

続けてリョンとリュングは、チョヒが不倫スキャンダルに巻き込まれる危機に直面すると、うそを証明するため証拠映像を確保した。しかしチョヒの転落を願う人たちによってスキャンダル記事が広がってしまい、パワハラ騒動まで起こって、チョヒの憂うつ数値は急上昇し始めた。ジュヌンは記者たちを避けてチョヒを車に乗せたが、チョヒは続く耳鳴りに耐えられず、車から降りて逃げてしまった。

リョンは向かい側で車に飛び込もうとするチョヒを見て、急いで時間を止めた。ところがその瞬間、リョンの前をふさいで現れたジュンギル(イ・スヒョク)は前世で自殺したことを言わないリョンに怒り、これ以上、死のうとする人の選択を妨害せずに見守るよう伝えた。リョンは絶対にチョヒを死なせられないと反論したが、ジュンギルはその前に締結した「死者の責任保証(助けられた死者は助けてくれた使者の要求事項を無条件に聞かなければならない契約)」を使ってリョンを身動き取れないようにした。チョヒは車にひかれ、リョンはそれを見守るしかない絶望感と衝撃に涙を流した。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.10.04

blank