「イベントレポ」MAMAMOOの妹分!超実力派新人グループPURPLE K!SS 【PURPLE KISS JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022 〜紫〜】 ライブレポートが到着

多彩なテーマで魅了するK-POPガールズグループPURPLE K!SS初来日公演開催
日本人メンバー ユキが、故郷東京凱旋で「ただいま~!」

韓国の7人組ガールズグループPURPLE K!SS(パープル・キス)が、初来日公演『PURPLE KISS JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022 ~紫~』を開催。9月23 日の大阪BIG CAT、25 日の渋谷 WWW-Xで、計4回の公演を行い、これまでの活動曲を中心とした11曲のパフォーマンスと、楽しいトークを披露した。

PURPLE K!SSは2021年3月に、ミニアルバム『INTO VIOLET』でデビューした、パク・ジウン、ナ・ゴウン、ドシ、イレ、ユキ、チェイン、スアンからなる7 人組。実力派ガールズグループMAMAMOOの妹分だけに、高い歌唱力とパフォーマンスが注目されているが、メンバー自らが作詞 • 作曲 • プロデュースに携わるなどアーティストとしてバランスの取れたグループということで、“バランスドル”と呼ばれていたり、女神、ゾンビ、魔女など作品ごとに独創的なテーマを用いることから“テーマドル” とも呼ばれている。

グループ名の「PURPLE K!SS」は「複数の色がバランスよく混ざってできる紫色のように、各メンバーの多様な個性が集まって作られた音楽のカラーを意味するパープル」と、「愛の力を表現する時に使うキス」を合わせた造語で、“紫色のように多彩な音楽で多くの人に愛を伝える”という意味が込められている 。ここでは、25 日の昼公演をレポートする。

満員のファンを前に、ショーケースはデビューミニアルバムのオープニング曲「Intro : Crown」で幕を開け、デビュー曲の「Ponzona」へ。スペイン語で「毒」を意味するタイトルのように、ダンスブレイクで見せるバチバチに揃ったダンスや、ボーカルのスキルの高さが存分にうかがえるステージングに、会場は早くもPURPLE K!SS中毒の様相。フォーメーションがくるくる変わる「Pretty Psycho」、そしてベースが効いたユニークな構成の「memeM」でさらに聴き手を惹きつけた。

ショーケースということで、彼女たちのパーソナリティを知るためのトークパートも設けられた。グループのエネルギー担当だという元気なイレのストレス発散方法は、「メンバーとたくさん話す、寝る、日記を書く」ことだそう。韓国語でのラップメイキングもこなす日本人メンバーのユキは、「最初は韓国語もできないのに、ラップとラップメイキングをするのは負担でした。でも、練習することで上手くなっていきました」と激白し、特技だという「ドラえもんとジャイアン」のモノマネまで披露した。「ファンの皆さんがかわいくてたまらない!」というチェインは、客席のファンを先導してペンライトの光でウェーブを起こし、「多彩なカラーのあるグループ」とチームを評したゴウンは、「ユキちゃんのお母さんがドラえもんのパン(どら焼き)を差し入れてくれて、抹茶味を食べました」というTMI(小ネタ)を披露。ドシが「今、J-POPにハマっていて、King Gnuをよく聴いています」といえば、「目が悪いのでレーシック手術をしたい」というスアンに、イレとユキが「私もやりたい! 一緒に行こう」と賛同。そして最年長のジウンは、「今まで見せたことのない姿を見せたい!」と考えながらいつも練習していることを明かした。

日本に関する話題では、日本語を勉強中のイレが、ユキに「可愛すぎてハゲそう」という日本語を習ったことを明かして会場を笑わせた。「あいみょんが大好き!」というゴウンは、「君はロックを聴かない」をアカペラで披露。「日本でクレープを食べるのを楽しみにしていた」というジウンは、「日本語の授業で“福岡に行ってクレープを食べたいです”という例文があったので、クレープは福岡にしかないと思っていたら、大阪で出会ってドキドキしながら食べたら、すごく美味しかった!」と日本で夢を叶えたエピソードを語った。

トークのほとんどを日本語で頑張っていた彼女たち。ライブでも「スペシャルカバーステージ」として、家入レオのバラード曲、「君がくれた夏」を披露。これは日本人メンバーのユキが、「私の好きな曲。メンバーたちの音色に似合いそう」と選曲したそう。横一列に並び、ドシ、イレ、ゴウン、チェイン、スアン、ジウンとひとりひとりにボーカルが移っていくと、ユキが2番の冒頭を得意のラップのニュアンスを活かして歌い上げた。そして「Let’s Go~!」という掛け声で勢いをつけ「私を見て (Oh My Gosh)」に突入。振付のないこの曲で7人がぎゅと密集し、東京出身のユキが「ただいま~!」と大きな声で会場に呼びかけると、各人が笑顔でステージを歩き回ってファンとのアイコンタクトを楽しんだ。

(2ページに続く)

2022.09.26

blank