チェ・ウシク&キム・ダミのドラマ「その年、私たちは」、「第17回ソウルドラマアワード」で“ソウル産業振興院賞”を受賞!


ドラマ「その年、私たちは」が、「第17回ソウルドラマアワード」で“ソウル産業振興院賞”を受けた。

22日午後、ソウル・ヨイド(汝矣島)のKBSホールで進行された「第17回ソウルドラマアワード」は、3年ぶりにオフラインで開催されて俳優チュ・サンウクと「Apink」チョン・ウンジが進行を務めた。

ソウル産業振興院で、韓国の文化発展に寄与した作品を直接選ぶ特別な賞だ。

この日、ソウル産業振興院賞は、チェ・ウシクとキム・ダミが主演したSBSドラマ「その年、私たちは」が受賞しました。 ドラマを演出したキム・ユンジン・プロデューサーは「とても感謝します。『その年、私たちは』は、最も暑かった日から寒かった日まで、一緒に走ってくれたスタッフの方々のおかげで生まれることができたと思います」と、言いながら「自らチェ・ウンとクク・ヨンスになって、他の誰も想像することができなくしてくれたチェ・ウシク、キム・ダミ俳優にも感謝します」と、受賞の感想を伝えた。

一方、「第17回ソウルドラマアワード」は、全世界ドラマを対象に選定された受賞作及び受賞者に賞を授与して、レッドカーペットイベントと祝賀公演を披露する国際ドラマフェスティバルだ。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.09.22

blank