スジ(元miss A)主演ドラマ「アンナ」、 Coupang Play の一方的な編集に総括責任者の謝罪を約束


OTTプラットフォームCoupang Playが演出者イ・ジュヨン監督と協議なしにドラマ「アンナ」を一方的に編集したことに対して、総括責任者の謝罪とイ・ジュヨン監督およびスタッフ6人の名前削除などの措置を取ることにした。

イ・ジュヨン監督の法律代理人である法務部法人シウ(担当弁護士ソン・ヨンフン)側は、イ・ジュヨン監督が社団法人韓国映画監督組合(共同代表ミン・ギュドン、ユン・ジェギュン)の仲裁でCoupang Playと会合を行ったとし、その結果を21日明らかにした。 先立ってイ監督は、Coupang Play側の著作人格権侵害などを主張し、究極的解決のために訴訟を準備してきた。 韓国映画監督組合が仲裁に乗り出し、19日、イ監督とCoupang Play双方が非公開会合を行った。

法務法人シウによれば、この場でイ・ジュヨン監督はCoupang Playの総括責任者から△今回の事件に対する真剣で丁重な謝罪と△国内とすでに販売し公開を控えている海外プラットフォームの6部作「アンナ」でイ・ジュヨン監督および監督と志を共にしたスタッフ6人(撮影:イ・ウィテ、チョン・ヒソン、 照明:イ・ジェウク、グリップ:パク・ボムジュン、編集:キム・ジョンフン、サウンド:パク・ジュガン)の名前を削除し△二度と同じことが発生しないようにすることを約束された。

イ・ジュヨン監督は「円満な解決のために努力した韓国映画監督組合共同代表ミン・ギュドン監督とユン・ジェギュン監督、そしてイム・ピルソン監督に感謝申し上げる」として、「私と志を共にしてくれたスタッフ、俳優たちにも深く感謝し『アンナ』に愛情を持って見守りながら声援してくださった多くの方々の心も忘れない」と伝えた。

法務法人シウ側は「今回の事件が変化する国内映像産業環境でクリエイターの著作人格権が持つ重要性を再び照らし、今後業界でクリエイターがより一層尊重される契機になることを希望する」と明らかにした。

先立ってイ・ジュヨン監督は2日、Coupang Playが監督の意見を排除したまま8部作として企画されたドラマを6部作で同意なしに編集したという問題を提起し、論難がふくらんだ。 これに対してCoupang Play側は「数か月にわたり監督に具体的な修正要請を伝達したが、監督は修正を拒否した」として、「制作会社の同意を得て、そして契約に明示された私たちの権利に基づきCoupang Playは本来の制作意図と符合するよう作品を編集し、その結果視聴者の大きな好評を受ける作品が制作された」と釈明した。 だが「アンナ」の編集監督がイ・ジュヨン監督の支持を宣言するなど論難は続いてきた。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.08.21

blank