日本人タレントサオリ、15年ぶりに韓国の番組へ出演した理由…「離婚後一人で娘を育てて、極端な考えまで」


日本人タレントサオリが韓国へ戻った理由を明かした。

11日公開されたYouTubeチャンネル「近況オリンピック」でサオリとの出会いを公開した。サオリは「韓国放送の出演は15年ぶりだ」と話した。

サオリは「前夫との考えが合わなかった。それで別れ、子供を私が育てることにした」と現在の近況を知らせた。

続けてサオリは、「私の叔母が韓国人で、私と韓国の百貨店で会ったけれど知らんぷりをされた。叔母が私をみて、日本で結婚が上手くって生きているといっていたけれど、私が恥ずかしいみたいだ」「それで日本で生活することになった。今は笑っているけれど、毎日泣いた」と涙を見せた。

サオリは「本当に何度もこの世を去ろうと思った。けれど子供に対してそれはダメだと考えて思いとどまった」「韓国のマネージャーにも連絡してみた。笑いながら生きたい。アルバイトをしながら子供を育てた」と告白した。

バラエティ番組「美女たちのおしゃべり」出演当時を回想し「いつも放送では笑っていた。学生の時偶然放送に出ることになった、番組出演メンバーと放送後お酒を飲んだり、ナム・ヒソクが高いお酒をたくさんおごってくれた。良い人だった」と話した。

サオリは韓国へ戻った理由として「いつも娘と二人で過ごした。笑う姿を見せなければいけないと考えた。だからこうして勇気をだすこととなった」と語った。

WOW!Korea提供

2022.08.12

blank