イ・ジュノ(2PM)&パク・シネら、猫好きで有名な芸能人たち…8月8日は「猫の日」

8月8日は「猫の日」だ。動物福祉運動団体国際動物福祉基金(IFAW)が2002年に猫に対する認識改善と長い期間人と共にしてきた猫のために制定した日で、毎年この日になるとSNSなどにハッシュタグをつけて「猫の日」を祝っている。時には気位が高く、時には可愛く、時には突拍子がなくて愛せずにはいられない猫。「猫の日」を迎えて、この致命的な魅力の所有者である猫に仕えて暮らす芸能界で噂のスターたちを集めてみた。

▲イ・ジュノ(2PM)
ドラマ「赤い袖先」を通じて俳優として第2の全盛期を迎えて忙しい日々を送っている2PMイ・ジュノ。彼はすでにファンの間ではよく知られた猫好きだ。MBCバラエティ番組「私はひとりで暮らす」を通じて愛らしい愛猫のジャニ、クッキー、ウォリ、ポギを公開した。特に猫の星に旅立った愛猫を懐かしがり「Fine」という歌まで発表して、猫に対する愛情を見せてきた。

▲キム・ヒチョル(SUPER JUNIOR)
SUPER JUNIORキム・ヒチョルは猫のヒボミを飼っている。ヒボミはファンがプレゼントしたロシアンブルー種の猫で、これまでとても大切にヒボミに仕えている。ヒチョルは故ソルリの愛猫だったゴブリンを臨時で保護したりもした。

▲アン・ヒョソプ
SBSドラマ「社内お見合い」を通じて「俳優アン・ヒョソプの再発見」という評価とともにグローバルな人気を得たアン・ヒョソプもやはりパウロという猫を飼っている。アン・ヒョソプが毛まで愛しているというパウロは、アン・ヒョソプの聖霊名であるバオロから取った名前だという。

(2ページに続く)

関連記事

2022.08.08

blank