映画「閑山:龍の出現」出演の俳優ピョン・ヨハン&キム・ソンギュ、映画とは相反するほほ笑ましいケミストリー

映画「閑山:龍の出現」主演のピョン・ヨハン、キム・ソンギュのスクリーンの外でのケミストリーが話題だ。
彼らが出演した映画「閑山:龍の出現」は、公開5日で累積観客数227万人を突破、ボックスオフィスで1位を走っている。
1日、ピョン・ヨハンとキム・ソンギュの所属事務所SARAMエンタテインメント側は、彼らのファッションマガジン「VOGUEコリア」8月号の画報撮影現場ビハインドカットを公開し、視線を集めた。

写真の中のピョン・ヨハンとキム・ソンギュは、スタイリッシュなフレッピールックを完璧に消化したことはもちろん、カメラに向かって手を握り頬ハートのポーズを披露しファン心を刺激した。
続けて優しく肩を組み柔らかいカリスマを見せる2人の俳優のケミストリーは、感嘆を呼ぶ。カメラと目を合わせ、笑顔を浮かべる個人写真も、和気あいあいとして現場の雰囲気が感じられる。

映画「閑山:龍の出現」でピョン・ヨハンは倭軍の将軍脇坂役、キム・ソンギュは倭軍ジニョン役を担った。映画のヒットで主演2人がスクリーンの中の姿と相反する魅力を披露し、さらに多くの関心を集めている。
映画「閑山:龍の出現」はしっかりとしたストーリーと演出、海上戦及び亀甲船などの注目ポイント、2人の俳優の素晴らしい演技力に力を得てヒット中だ。鳴梁海戦の5年前、進軍中の倭軍を相手に、朝鮮を守るために必死の戦略と覇気で団結したイ・スンシン(李舜臣)将軍と朝鮮水軍「閑山海戦」を描いたアクション作品だ。

WOW!Korea提供

2022.08.02

blank