「バラコラ」俳優チャン・ヒョク、デビュー26年目で初めて日常を公開!ストイックすぎるこだわりとは?


ドラマ「最愛の敵〜王たる宿命〜」が終わり、今度は主演映画「ザ・キラー:死んでもいい子」(以下、「ザ・キラー」)が7月13日(水)より韓国と米国で同時公開される俳優チャン・ヒョクが、久しぶりにバラエティにゲスト出演した。

番組は、MBCの観察バラエティ「全知的おせっかい視点」。7月2日(土)と9日(土)放送の2週にわたって登場した。

バラエティに出演するチャン・ヒョクはこの数年でよく見るようになったので、それほど珍しくはないが、今回はデビュー26年目にして、日常を初公開するというのが目玉だった。マネジャーの情報提供によると、チャン・ヒョクは何かにハマると、そればかりするようになるという。例えば、15年やっているというボクシングだ。

朝、ボクシングジムでトレーニングをするシーンから始まった。そのトレーニングにも、20分の縄跳び、ダンベルを持ってシャドーボクシング、ミット訓練などルーティングがあり、それをひたすらこなしていた。決めたセットを終えないと、すっきりしないそうで、最近、年のせいか、自分で何セットをやったのか分からなくなってしまったときはもう1回やるのだとか。

ちなみに、ボクシングシーンのとき、時代劇「推奴~チュノ~」のOSTであるGloomy 30’sの「Change」がずっと流れていた。もはや、チャン・ヒョクのテーマ曲になっているし、やはりこの曲が一番似合う(笑)。


ボクシングジムでのトレーニングが終わると、マネジャーがホットラテを持ってきた。365日、飲み物はコレなのだとか。そして、移動車に乗り込むと、新聞を声に出して読み始めた。発声練習の一環だそうで、これも20年以上続けているルーティンだというからすごい。

(2ページに続く)

2022.07.11

blank