【全文】俳優コ・セウォン、元恋人A氏の脅迫・ストーキングを訴え法的対応…「家族まで苦しめたので我慢の限界」


俳優コ・セウォンが、元恋人A氏からの相次ぐ暴露であらわになった私生活物議に対する、悔しい心境を告白して法的対応を予告した。

コ・セウォンは7日、所属事務所hunusエンタテインメントを通じて、直接長文の公式立場を明らかにした。彼は、「まず物議を起こしたことを申し訳なく、恐縮しております」としながらも、「現在オンラインの掲示板に匿名で上がってきた文は、事実と違うという点を明確に申し上げ、その文章を書いた方は私と別れた後に、あらゆる脅迫やメール爆弾、およびストーキングで、私と私の家族を現在までずっと苦しめている」と濡れ衣を訴えた。

続けて、「今後もその方がこのような持続的ストーキングを続けるのなら、私は私ができるすべての法的措置を取るしかないという点を申し上げようと思う」とし、「その方が文章に言及した映像や写真は、初めから私が要求したものではないことを明確に明らかにする」とも強調した。

コ・セウォンは、元恋人のA氏と別れたあと、彼のメールおよびカカオトークをすべて遮断したが、A氏がメッセンジャー脱退と再加入を数十回繰り返し、数千通の脅迫メールを送りつけて、自身の母親にも同じ行動をしてきたと述べた。(彼の)離婚した前妻にもメッセージを送り、自分が携帯電話の番号を変えるとすぐに、以前の番号で加入して自分の番号を保存しておいた女性の知人に、自分だと偽ったままメッセージを送ったとも主張した。現在までも、自分を始めとする家族がいわれのない苦痛に苦しんでいるとも訴えた。

彼は、それまで立場を表明してこなかった理由を「私は有名俳優ではないが、たくさんの方々の前に立つ公人として責任を感じており、それまでその方の行動に堪えて対応しないようにしようと本当に努力して、過去にその方との交際で生じた事であるため、私が自ら慎む時間を持とうとした」と説明して、「俳優として生きていくために踏ん張って築いてきた努力と時間が、その方のオンライン掲示板の匿名文で無意味になってしまうこともありうる悪夢みたいな時間を経験しているが、すべて私の過去の誤ちだと思って、対応なしに受け入れようとしたからだ」とつけ加えた。しかし自分の周辺の人々、母親まで苦しんでいる以上、このままではいられないという判断を下すことになったと、再び心配をおかけして申し訳ないと謝罪した。

所属事務所も、公式立場を通じて法的対応を示唆した。「当社はコ・セウォンさんと該当の書き込みの真偽可否について話を交わし、コ・セウォンさんが立場文に明らかにしたとおり、俳優本人と周辺の人々が持続的なストーキング被害と詐称被害などにあっていたことを確認した」とし、「今後このようなことが続くのであれば、当社は所属アーティストの保護のために、俳優と協議して法的に対応して行く予定」と明らかにした。同時に、事実と違うオンライン上の消耗的な暴露戦および虚偽事実の流布や真否が確認されない推測性の報道も謹んでほしいと要請した。

コ・セウォンの元恋人A氏の暴露戦は、昨年11月のオンラインコミュニティから始まった。A氏は当時、「“主婦の皇太子”と呼ばれるKさんと昨年(2020年)おつき合いしたが、妊娠した後に捨てられて流産した」とし、「Kさんが持っている私のヌード写真も、削除したことを確認してほしいというメールを送ったから、脅迫罪で告訴すると言われて以降、遮断された」という暴露文を載せた。コ・セウォンは当時、Kさんとは自分であることを認めて、A氏の暴露に対する謝罪立場を伝えたが、Aさんはその後もコ・セウォンからの連絡を受けることができなかったと主張した。これに、先日4日、あるオンラインコミュニティを通じて再び暴露文を上げて私生活物議に火をつけていた。

以下、俳優コ・セウォンの公式立場全文

(2ページに続く)

2022.07.07

blank