≪韓国ドラマOST≫「愛の温度」、ベスト名曲 「I still」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「愛の温度」OST(サントラ)、今日の1曲>

youtube動画:「I still」

今回も「愛の温度」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「僕が見つけたシンデレラ」や「また!? オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)」のソ・ヒョンジンと「浪漫ドクター キム・サブ」で注目されたヤン・セジョンがタッグを組んだ作品。
29歳のヒョンスは、出会って数時間である若い青年ジョンソンから告白されてしまう。6歳も年下の男性にからかわれたと怒るヒョンスだが、次第に距離が縮まっていく。愛に対する考えが違う2人が、ぶつかり合いながら関係性に変化が出てくるストーリー。

今日の1曲は、CHEEZEが歌う「I still」。

<歌詞の解説>

「いつも暖かった あの日を覚えていますか 全ての瞬間が映画のように美しかった日々
あなたでいっぱいだった時間 まぶしいままで終わるのかな 今日も私の時計の針は そこで眠るの
あなた以外には誰も 愛せないみたい 一度笑って二度苦しくても 私の心は
あなたしか見えないの」歌詞の最初では、ヒョンスが恋に落ちていく様子が表現されている。

※サビ「戸惑いさえも 恋だったと 後で気づいた私をわかってほしい I love you I miss you
I want you I need you あなたも私の気持ちと 同じでありますように」
サビでは、5年後にヒョンスがジョンソンと再会した時の想いが伝わる。

「幸せだった私でさえ 無かったように消えてしまうのかな 涙に変わった思い出のひとかけらも
私は捨てられなくて あなた以外誰も 愛せないみたい」
ジョンソンとの思い出を忘れられないヒョンスの気持ちが描かれている。

「夢みたいに 毎晩この気持ちは あなたの息遣いに届きそうで」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「あの時のあなたの気持ちよりも 私はそう感じたの 後で気づいた私をわかってほしい
I love you I miss you I want you I need you あなたも私の気持ちと 同じでありますように
同じでありますように 同じでありますように」
CHEEZEの可愛らしい歌声で、ヒョンスの一途な恋を歌い上げる。

CHEEZE(チーズ)は、2004年に4人組のバンドとしてデビューしたが、2017年に解散。ボーカル女性一人となり、ソロで活動宇宙だ。過去には「愛の温度」のOSTや「スタートアップ」のOSTにも参加している。
今回もCHEEZEとしてOSTに参加となった。

<ネットユーザーの反応>

「メロディーも歌声も可愛い」
「ソ・ヒョンジンが可愛すぎた」
「ヒョンスの女性らしい気持ちが歌詞になってる」
「後悔する気持ちが歌詞からよくわかる」
「ドラマの世界観と曲が合ってる」

「愛の温度」ではソ・ヒョンジンと、ヤン・セジョンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.07.05

blank